無料の会員登録をすると
お気に入りができます

《かばんの収納》どうしてる?整頓上手な人が教える使い勝手が良い簡単アイデア実例

インテリア

たまにしか使わないような冠婚葬祭用のかばんなどは使い勝手の良いボックスに収納しておくのがおすすめ。

かばんの型崩れも防げるので、いざという時にも安心ですよ。

実例のようにかばんだけではなく一緒に使う小物類も収納しておくと身支度も簡単にできる使い勝手の良いスペースになるでしょう。

ボックス収納はきちんとラベリングをしておくと、どこに何が収納してあるかもすぐにわかるうえにお片付けも楽々です。

棚に並べていく整理実例

大量のかばんをお持ちの方におすすめなのは、棚をまるごとかばん収納にすること。

実例のように仕切りをところどころに挟むと雪崩も起こさずスマートな収納が簡単にできますよ。

自立しづらい薄いかばんや小さめのかばんを大量に片付けたいという方にもおすすめの使い勝手の良いアイデアです。

かばんは目線より下の位置に立てるように並べると、取り出しやすいうえに見やすいので死蔵品もなくなるでしょう。

洋服の隣に吊るす整理実例

お洋服とかばんの組み合わせにいつも悩んでしまう……という方に実践していただきたいのはクローゼットのバーなどにフックをひっかけて、かばんを収納するテクニックです。

お手持ちの服との組み合わせがしやすくなるので、お出かけ準備も簡単にできますよ。

フックは少し大きめのものを選ぶと、大量のかばんもたくさんかけられるので使い勝手もよくなります。

ちょうどいいバーがないという方も突っ張り棒などを使ってチャレンジしてみてください。

クローゼット横の壁を使った整理実例

意外とデッドスペースになっているという方も多いのがクローゼット横の壁面。

手が届きやすい場所なので、かばんの収納スペースにはぴったりでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ