無料の会員登録をすると
お気に入りができます

iPhoneのオシャレなウィジェットでホーム画面をカスタマイズ「Widgy」!/yucoの加工レシピ Vol.67

ライフスタイル

yuco<連載コラム>隔週水曜日更新
様々なSNSに写真と動画で旅を綴るyucoが
もっと写真が楽しくなる
最新の加工事情やアプリレビューをお届け!

iPhoneのオシャレなウィジェットでホーム画面をカスタマイズ「Widgy」!/yucoの加工レシピ Vol.67

こんにちはyucoです。iOS15にアップデートされて、何かオシャレなウィジェットはないかなーと探していたところ見つけた「Widgy」。自由度高くカスタマイズすることができるので、ホーム画面をとことんオシャレにこだわって作りたいという人にとてもおすすめ!操作が少し難しいのですが、ずっと眺めていたいホーム画面に早変わりしますよ♡

今までのウィジェットは日付や天気、時間など決められたスタイルに自分の好きな画像や色、フォントで作成することしかできませんでしたが、Widgyは一つのウィジェット内に複数の情報を入れることができたり、サイズや位置も細かく設定して作ることができます。今回は、赤枠で囲ったウィジェットのように、一つのウィジェット内に日付、天気、充電残量やWi-Fi状況など複数の情報をカスタムさせたウィジェットを作成していきます。

「Widgy」
Widgyは様々なウィジェットを作成できるアプリ。1から細かく作成することができるので、自由度の高いウィジェットを作ることができます。また、他の人が作った作品を観覧し、気に入ったものがあれば使用することも可能。自分が作ったウィジェットを他の人にシェアすることもできます。アプリは無料ですが、ウィジェットを2つ以上ホーム画面に置く場合は、有料(買い切り610円)です。

ウィジェットを自由に作成してみよう

1.ウィジェット中サイズに日時を入れていきます。

アプリを開き、左下「クリエイト」の画面にある「新規作成」をTapします。

作成したいウィジェットのサイズを選びましょう。

次に、作成時の画面表示の設定をします。右上にある「スマホマーク」をTapするとウィジェット作成時の表示サイズを変更することができます。サイズ1は一番小さく→サイズ5にすると大きくなります。使ってるデバイスのサイズに合わせておけばOKです!文字が見えにくい人はサイズ5にしてください(編集作業中の表示サイズであり、ホーム画面に追加するウィジェットの大きさに影響はありません)。

その隣の「グリッド線マーク」も、作成時の画面用のツールです。「グリッド」はウィジェット作成時にグリッド線が出て、テキストや画像を配置するときにバランスを確認しやすいのでONにします。「選択」は追加した項目を直接選択できる機能。ONにすればウィジェット内のテキストや画像を指で動かすことが可能になります。OFFだと文字や画像を選択しても手で動かすことができなくなります。手動で感覚的に配置を決めたい方はONにしましょう。追加ガイドはONでもOFFでもOK!

ではウィジェットをカスタマイズしていきましょう。「新しいレイヤーを追加」をTapして、好きなレイヤーを選びます。

レイヤーは色々な種類があります。「テキスト」には時計、天気、Music、好きな文字などを追加でき、「画像」には好きな画像をウィジェットに配置できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ