無料の会員登録をすると
お気に入りができます

30代以降に痩せないワケとは?栄養士がすすめる!見直したいNG食生活

美容

30代以降、痩せにくくなったと感じる人は多いかと思います。運動を取り入れることも大切ですが、まずは毎日の食生活を見直すことから始めてみましょう。
健康的に体型維持・ダイエットするために意識したいポイントをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代以降に痩せにくい理由とは?

bybirth.jp

若いときはすぐに痩せたのに、30代以降、なぜか痩せにくい…そんな人は多いかと思います。

30代以降に痩せにくくなる原因としては、

・基礎代謝が落ちる
・寝不足、運動不足
・ホルモンバランスの変化
・育児や仕事などのストレス

などが挙げられます。

30代以降は、体の変化だけでなく、生活面での変化も大きい年代。そうしたさまざまな変化から、痩せにくくなると考えられます。

ですが、絶対に痩せられないわけではなく、特に毎日の食事を見直すことで解決できるケースも少なくありません。30代以降に見直したい食生活のポイントをおさえて、痩せやすい体づくりに役立ててみてください。

今こそ見直したい!NG食生活

たんぱく質が不足している

bybirth.jp

「野菜は意識して摂っている」という人は多いですが、たんぱく質もダイエットには必要不可欠な栄養素。

特に30代以降は基礎代謝が低下するため、筋肉量を維持・増量して代謝を上げる必要があります。そのために、筋肉の材料であるたんぱく質は意識して補給したいところ。

以下のような、脂質が少なく、良質なたんぱく質を含む食材がおすすめですよ。

・牛ヒレ肉、もも肉、肩
・豚ヒレ肉、もも肉、肩
・鶏ささみ、鶏むね肉、鶏もも肉

脂質が多い、サーロインやカルビ、ロース肉、バラ肉は控えるようにしましょう。

糖質を減らしすぎている

bybirth.jp

米や麺、パン、イモ類などの糖質が多い食品は「太る」というイメージがあるため、体型維持に気を使うあまり、摂取量が極端に少ない人もみられます。

私たちの脳は、糖質を唯一のエネルギー源としています。そのため、糖質が足りなくなると、筋肉や肝臓に貯蔵されているグリコーゲンを分解してブドウ糖を作り出し、エネルギー源として利用する仕組みがあります。その結果、筋肉量が減るため、筋肉量と比例している基礎代謝量も減ることになり、代謝が悪い体になってしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ