無料の会員登録をすると
お気に入りができます

名もなき家事を減らすのは「セット収納」。シンプルな人の収納のコツ4つ

インテリア

毎日の生活には、料理に掃除、片づけ、洗濯のほかにも、名前のつかないような細かな家事がたくさん。生活をスムーズにするためには、これらの細かな作業を効率よく行うことが重要です。仕事と子育てをしながら「心地よく過ごせる家」をキープするyumihoさんの、家事の手間を減らす収納アイデアを紹介します。

毎日使うカトラリーはケースにまとめて、カウンター上に

お箸や子ども用のスプーンなど、ほぼ毎日使うカトラリーは竹のケースにひとまとめにして、キッチンカウンターのトレーの上に。洗って乾かしたらケースにぽんっと入れるだけのシンプルなオープン収納にして、食器棚や引き出しに「しまう」「取り出す」というふた手間を省きました。中にはスプーン用の小さなケースをプラスして、子どもにも取りやすくしています。

「料理を盛りつけた器も、同じくキッチンカウンターのトレーの上に。器やカトラリーを子どもたちがダイニングテーブル側から受け取り、配膳するという流れにしています」とyumihoさん。子どもも自然と家事に参加できる仕組みです。

掃除するのも一回で完了。細々したものは一つのトレーに載せる

棚上にさまざまなアイテムを載せるときにぜひ取り入れたいのが、トレー。「茶葉や砂糖の入ったポット類はトレーの上に。細かな粉がこぼれ落ちて汚れても、トレーの上なので拭き取りやすい。棚の上を掃除をするときにもトレーごとさっと場所を移すことができるのも便利です」(yumihoさん。以下同)。

生活していたら当然、汚したりこぼしたりします。だからこそ、あらかじめ「汚れてもすぐきれいにできる」対策をしておきましょう。「汚さないように暮らす」のではなく、汚しても面倒にならないような仕組みをつくることで、自分にも家族にもやさしい、軽やかな暮らしが手に入ります。

掃除機はリビングの近くに出しっぱなし収納

家族一緒に長い時間を過ごすリビングダイニングは、当然、ほこりも細かなゴミも溜まりがち。気がついたときにさっと掃除ができるように、リビングダイニングの引き戸を開けた階段前のスペースを掃除機の定位置にしました。「愛用しているのはマキタの掃除機。コードレスなので、いちいちしゃがんで電源プラグに差し込む必要も、コードのとりまわしを気にする必要もありません」

使いたいときにすぐ動かせるよう、充電器はニトリで購入したふたのつきのラタンボックスに入れて、掃除機の横に。「ボックスの手持ち穴からコードを出して電源プラグにつなげば、そのまま充電できます。インテリアも損なわず、使い勝手もいい掃除機置き場になりました」

ゴミ袋はゴミ箱にくっつける

ひとつひとつの動作自体はたいしたことはないけれど、その積み重ねが大きな時間になる「ちょっとした作業」。例えばゴミ捨ての場合、ゴミをまとめるというメイン作業のほかに、新しいゴミ袋を取り出し、ゴミ箱につけるという動作が発生します。そこでyumihoさんは「即、手に取れる」よう、ゴミ箱にゴミ袋を収納することに。

「ゴミ箱に袋がストックされていたら、すぐ手に取れるな、と。ゴミ袋の取り出し口が下向きになるように、セリアのクリップでゴミ箱の側面にゴミ袋が入ったビニールごとガチッと留めました」

使用するアイテムそのものに置き場所を設ける「セット収納」なら、動作数も最小限に抑えられます。

時間がない、やるべきことが多いと感じたら、収納方法や収納場所を見直してみませんか?シンプルな動作でスマートに家事をこなしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ