無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あの「とらや」にテーマパークが!?カフェにギャラリーも、1棟で和菓子の魅力を大満喫♪

おでかけ

2018年10月1日、約3年の時を経て「とらや 赤坂店」がリニューアルオープン。1棟まるまるがとらやで、人気の和菓子の販売のほか、ギャラリー、菓寮があり、まるで小さなテーマパークのようと話題です。とても和やかで美しく、和菓子好きならずとも魅了される同店は、一人でのんびりと出かけるにもピッタリ。 次の休日にぜひ出かけてみませんか?

地下1階から3階まで、4フロアで楽しむ和菓子の世界/とらや 赤坂店

1964年の東京オリンピック開催の年にオープンした旧赤坂店からガラリと趣が変わり、生まれ変わった「とらや 赤坂店」。個性的なガラス張りの外観は、赤坂の新たなランドマークになりそうです♪

物質的に豊かになった今の時代のニーズや本質を大切にデザインされた空間は、いたってシンプル。細部にまで行き届いたこだわりが、上品で、心地よく、清々しい気分にさせてくれます。

フロアは、地下1階から3階までの4つ。地下1階はギャラリー、1階はエントランス、2階は売場、3階は製造場と菓寮があります。

暖簾をくぐると、広々としたエントランスが広がります。1階は、予約商品の受け取りをメインに対応してくれます。

ちょっと隠れたところには、「ヨウカンアラカルト」(890円)の自販機が!その柄にも注目を。和菓子の基本、小豆が描かれているんです♪仕事の合間など、おやつにピッタリの一口サイズの羊羹の詰め合わせが気軽に、楽しく購入できますよ。

2階は売場。従来型の対面スタイルではなく、商品がショールームの展示品のようにディスプレイされているので、店内をぐるぐる回遊したくなりそう。

オーダーメイドの「和菓子オートクチュール」の相談ができるスペースも。総量500g以上で注文できるので、結婚や両親の還暦祝いなど、記念日にオリジナルの和菓子で華を添えてみては?

ここで気になる商品をチェック!

虎柄が目を引く特製羊羹「千里の風」(竹皮包1本3,888円、中形1本1,944円)は、赤坂店限定。

二人の職人が阿吽の呼吸で作り出す虎柄は、一つとして同じものはないそう。写真に撮って、SNSでシェアしたくなるかわいさ♡

とらやの羊羹を気軽に楽しめる「小形羊羹」(260円)は、カラーパレットのような美しさ。こんなセンスのいい和菓子を手土産にしたら、一目置かれそう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ