無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美にこだわるライターの、スキンケアにこだわる毎日の「モーニングルーティン」

美容

美にこだわるライターは、毎朝何をして過ごしているのでしょうか。
今回は、筆者自ら実践している「朝美活」、出勤前のモーニングルーティンをご紹介します。

早起きは三文の徳

美容ライターの朝は、5:30から始まる

bybirth.jp

筆者は仕事の日は、5:30に目覚ましをかけています。(なかなか起きられないので、一旦4:30に目覚ましをかけ、二度寝した気分で5:30を迎えます)

この季節は寒く、お布団から出るのがとても辛く感じますが、起きてしまえばなんてことありません。暖房もタイマーセットしておきましょう。

朝起きてすぐ、常温の水を飲む

bybirth.jp

多くの美容家さんやインフルエンサーさんが紹介している定番ルーティンですが、筆者も実践しています。腸の動きが良くなると言われていますし、筆者が朝起きてまず感じることは、「喉渇いた…」。寝ている間に肌も喉も乾燥しますので、コップ1杯分のお水を飲むといいでしょう。

白湯か常温水がいいと言われていますが、朝起きてすぐにお湯を沸かすのも少々面倒なので、筆者は常温の水にしています。

朝洗顔は、泡立てないタイプで楽にお手入れ

bybirth.jp

コップ1杯の水で喉をうるおしたら、はじめのスキンケアステップとして「朝洗顔」。

ほんの少し前までは筆者は水洗顔のみで過ごしていましたが、やはり寝ている間の汗や皮脂、汚れが気になるようになったので、洗顔料を取り入れるようになりました。洗浄力が穏やかで保湿成分の配合されている商品であれば、肌のつっぱりを感じることなくなめらかな肌へ導いてくれます。洗顔料を取り入れたことで、肌の調子も整ってきたように感じます。

ただ、泡立てるタイプはやはり面倒。朝はできるだけ穏やかな気持ちで過ごしたいので、泡で出てくるタイプの洗顔料、もしくは泡立てないタイプの洗顔料を愛用しています。

今愛用しているのは、「ルナソル スムージングジェルウォッシュ」。ジェル状のまま肌を優しくマッサージするように馴染ませます。つるんつるんのむき卵肌に憧れる方にはおすすめです。

普段のスキンケアは、いたってシンプル。だけど丁寧に

bybirth.jp

普段の朝は、化粧水 → 乳液というシンプルステップです。ちょっと毛穴が気になるな…というときは、美容液を鼻まわりだけに馴染ませています。

愛用スキンケアは、「d プログラム」。敏感肌の方も使いやすい特徴があり、筆者の揺らぎやすい肌にもぴったり。朝はこの2つで済ませることが多いですが、そのかわり丁寧に馴染ませることを意識しています。

丁寧にとは、「圧をかけず」「じっくり」「ムラなく」馴染ませるということ。力を入れて馴染ませると、摩擦による肌負担が大きくなり、トラブルにつながります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ