無料の会員登録をすると
お気に入りができます

肌が老化する。太る。“新陳代謝”が低下するデメリット

美容

新陳代謝の低下が不調の原因?

不調だな、と感じる要因は人によってさまざまだと思います。胃腸の調子が悪い、疲れがとれないといったことから、女性の場合は肌荒れがひどい、冷えが悪化したということから不調だと判断する方も多いのではないでしょうか。それらの症状には、新陳代謝の低下が関係していることが考えられます。

新陳代謝という言葉は聞いたことがあると思いますが、詳しくは知らないという方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、知っているようで知らない新陳代謝について詳しくお伝えしていきます。

新陳代謝とは

新陳代謝とは細胞の入れ替わりのことを指します。ターンオーバーという言葉も同じ意味です。

私たちの身体は何十兆もの膨大な細胞でできていますが、それらの細胞は常に古いものと新しいものとが入れ替わっています。分かりやすいもので言うと、毛の生え変わり、肌の再生、発汗(老廃物の排出)などが新陳代謝によって行われるものです。目に見えない部分でも、内臓や筋肉、骨といった全身の細胞がそれぞれ入れ替わって生命を維持しています。

新陳代謝が活発に行われていると、さまざまな臓器の細胞が適切なペースで新しく生まれ変わっているため、健康を維持できます。反対に、新陳代謝が低下してしまうと古い細胞のままなのであらゆる不調がでてくる、というわけです。体内に新しい細胞がたくさんあるのと、古い細胞がたくさんあるのとでは、健康状態に差がでるというのはなんとなくイメージできますよね。

新陳代謝は年齢とともに低下するため、年々新しい細胞に生まれ変わるペースが落ちていきます。中には、高齢者でも元気で肌も活き活きとした方がいますが、そういった方は新陳代謝が良いことが多いです。

新陳代謝と基礎代謝って何が違うの?

“代謝”と聞くと、ダイエットと深い関わりのある基礎代謝を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。新陳代謝と基礎代謝を同じものだと誤解している方も多いですが、二つは異なるものです。

“代謝”とは、生命を維持するために「食事で取った栄養を体の中で利用し、いらなくなったものを排泄する」という一連のプロセスのこと。その中に新陳代謝も基礎代謝も含まれています。

新陳代謝は先ほども説明したように、細胞が新しく入れ替わること。一方、基礎代謝とは、生命を維持するために心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を維持したりするために消費するエネルギーのことです。1日のエネルギー消費量の約60~70%を占めています。

肌荒れする!太る!新陳代謝が低下するデメリット

正常に新陳代謝が行われることで、細胞は常に生まれ変わり、健康な状態でいられます。しかし、加齢や生活習慣などの影響により新陳代謝がうまく行われなくなると、細胞の生まれ変わりが停滞しさまざまな悪影響をもたらします。具体的に考えられるデメリットをご紹介しましょう。

・肌が荒れる

肌荒れやかさつきなどは、肌のターンオーバーが正常に行われないことが原因といったことは、耳にしたことがあるのではないでしょうか。まさにその通りで、新陳代謝の低下は肌の悩みに直結しています。

肌の細胞は約30日で生まれ変わると言われていますが、新陳代謝が低下すると、その期間が長くなります。すると、肌に古い細胞が残ったままになってしまい、肌がかさついたり、固くなったりしてしまうのです。シワの原因にもなっています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ