無料の会員登録をすると
お気に入りができます

下っ腹・お尻・太もも!プロが教える「寝ながらトレーニング」5選

美容

寝ながらトレーニングで「下っ腹」「お尻」「太もも」の3大悩みを解消!

女性のお客様に多いお悩みは、下っ腹、お尻、そして太ももです。そこで今回は、下っ腹を引き締め、お尻を上げて、太ももを細くするトレーニングをご紹介していきます。

ここまで聞いて、大変そうだから嫌だな・・・と思った方も大丈夫ですよ!

すべて寝たままできるトレーニングになっています。これならテレビを見てゴロゴロしている間にもできますね。

トレーニングで成果を得るためには毎日続けることが大切なので、ジムに行けないという方は、このような気軽に取り入れられるトレーニングを行うのがおすすめです。では、早速始めていきましょう!

1、 下っ腹引き締め/ニートゥチェスト

脚をお腹に引き寄せることで腹横筋、腹直筋、腸腰筋をくまなく鍛えます。インナーマッスルもですが、特に下っ腹の筋肉に効いてきます。息を止めずに行っていきましょう。

1、仰向けの状態になります。両手は身体の横に置いておきます。
2、両脚を少しだけ床から浮かせて、片足の膝を交互に胸へと近づけていきましょう。
3、リズミカルに1分間を目指して続けてみましょう。

最初は小さな動きでもかまいませんので、お腹の筋肉を働かせていきましょう。腰が痛かったり強度が高いと感じたりしたら、伸ばしている方の脚を床に置いてもかまいません。

<大事なポイント>

脚を入れ替えるときに息を「フッフッ」と吐きだしましょう。伸ばしている方の足は、出来るだけまっすぐの状態を保ちます。

2、下っ腹引き締め/両足ニートゥチェスト

先ほど片足で行っていたものを両足に変えます。出来るだけ膝を閉じた状態で行いましょう。そうすると、同時に太ももの内側の筋肉である内転筋も鍛えられます。やり方は片足のときとほとんど同じですが、足が2本になり少し重くなるため、腰に負担がかからないよう観察しながら行ってください。

1、仰向けで寝て、手は体の横へ。
2、両足を胸へと近づけます。このとき、骨盤が浮くくらいまで頑張って膝を引き寄せましょう。ゆっくり20回、慣れてきたら30回に挑戦してみてください。

<大事なポイント>

腹筋を効果的に働かせるために、反動を使わないようにコントロールしながら行ってみてください。辛いときでも、呼吸を止めないように意識してみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ