無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぷっくり編み目がかわいすぎて降参です…。ありそうでなかった“理想通りのケーブルニット”、ZARAでみっけ

ファッション

12月に入り寒さが厳しくなってきた今の時期は、厚手のトップス、特に見た目もあたたかいニットウェアが気になっている方も多いのでは?

中でも流行り廃りのない「ケーブルニット」は、1着手に入れておきたいところだけれど、探してみると意外にも“理想通り”のものが見つからないこともしばしば。Instagramで素敵なのを見つけたと思いきや、古着でもう手に入らない…なんてこともありますよね。

そろそろ“ケーブルニット探しの旅”に疲れ始めた人は、「ZARA(ザラ)」の「ケーブルニットセーター」をチェックしてみて。「え、こんな身近にこんなかわいいニットがあったの?」と、思わず目からウロコな1着なんです!

「ZARA(ザラ)」

ケーブルニットセーター/ZARA

@eve_mi_n / Instagram

ざっくりとした編み目に温かみを感じる、ZARAの「ケーブルニットセーター」(税込5990円)。

名前通り“ケーブル編み”がいくつも並んだ、定番のニットウェアです。袖や裾、襟ぐりはぎゅっと目の詰まったリブ仕様になっていることで、丸みを帯びた身頃のシルエットがより強調され、どこかヴィンテージっぽい雰囲気も。

カラーは『エクリュ』1色のみ。純白より少し黄味がかったアイボリーのような色味に、柔らかさを感じますね。

このぷっくり編み目が絶妙!

@minminmaaa / Instagram

このニットの1番の特徴は、ぷっくりと膨らんだ編み目!ありそうでなかった、贅沢なボリューム感が叶うんです。

また、素材にウールを10%含んでいるため、1枚でもしっかりあたたかいんだとか。しっかり着込むと、少し汗ばんでしまうこともあるほどだといいます。

屋外と屋内の気温差が激しく、温度調節の難しい冬は、こんな肉厚ニットと薄手のアウターの組み合わせが重宝しそうです。

ラグランスリーブに注目

@minminmaaa / Instagram

襟から脇を繋ぐ“ラグランスリーブデザイン”で、肩幅が強調されないのもポイント。厚手のニットセーターはどうしても着膨れしがちなので、こんな風に細かい工夫が施されているのは嬉しいですよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ