無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スーパー人間に弟子が誕生!?師匠の凄いところが出ず、オードリー・若林「『No example』でしょ?」『オドぜひ』

エンタメ

オードリーさんに会ってほしい人がいるんです、というみなさんのクチコミ情報から作られる素人参加型番組「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」(中京テレビ 毎週月曜深夜24時59分~放送)。

2021年8月2日放送の番組前半では、カナダへと旅立っていったスーパー人間・高羽洋平さんが海外生活について報告した。後半では、カナダ人の弟子・ドリュー・タイソン・エフレイさんが登場し、興味津々のオードリーであった。

前半
『オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。』の動画を見る

スーパー人間の初弟子はカナダ人!?

「カナダで弟子ができまして」と発表する高羽さん。突然の報告に若林は、「弟子取ってんの!?」と思わず身を乗り出す。

高羽「ずっと断ってたんですけど…」
若林「募集来てたの?」
春日「断ってた!?」

高羽さんの報告にオードリーの2人は興味津々。これまでにも「スーパー人間の技を継承したい」という声が寄せられていたが、高羽さんは弟子は取らない主義だそう。

春日「それは知らなかったなあ」
高羽「ただ、カナダに来てひとりの少年と出会いまして…」

高羽さんには、18歳のカナダ人男性のルームメイトがいるのだとか。自分の出演する番組動画を見せたところ「アメージング!」と連発され、弟子にしてほしいという猛プッシュを受けたという。

高羽「寝起きで機嫌が悪いんですけども」
若林「申し訳ないねえ」
高羽「いえいえ、弟子なんで」
春日「師匠が言うことは絶対だもんな。カナダでもそうなんだ!」

ほどなくして弟子のドリューさんが登場。寝ぐせ頭のまま顔を出すと、スタジオからはどっと笑いが起こる。

「ハロー!」「ハイ、ドリュー!」と、陽気に挨拶を交わすオードリーの2人とドリューさん。春日は「いいですね、ぶっこみの拓の武丸みたいな」と、伝説のヤンキー漫画『疾風伝説 特攻の拓』の登場人物に例え、嬉しそうに盛り上がるのだった。

スーパー人間の凄いところが浮かばず…

高羽さんが「弟子になったんだよね?」と英語で尋ねると、ドリューさんは「イエス!」と即答。これには春日も、「ワオ!ナチュラルなイエスだ!」と感心する。

ドリューさんは高羽さんのことを間違いなく「teacher」と言っており、師弟関係を確かめることができた。しかし、具体的に高羽さんのどこが凄いと思っているのか尋ねると、ドリューさんは「For example…」と言葉を詰まらせてしまう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ