無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家計・持ち物がミニマル化。ミニ財布に変えて起こった変化とは?

ライフスタイル

“サステナブルな行動”のバトンをつなげていく、リレー連載企画「#TSUNAGU100」。整理収納アドバイザーとして活躍される佐々木奈美さんは、家計のキャッシュレス化に伴い、ミニウォレットを使用。暮らしもシンプルに変化したそう。佐々木さんが使う財布と、起こった変化について綴っていただきました。

わが家のキャッシュレス化に伴い、ミニウォレットに変えました

時代はキャッシュレス化。
もともとお金の管理が苦手な私が、キャッシュレス化に踏み込んだ理由は2つ。

・クレジットカード払い中心にして、家計の支出の見える化をはかるため
・持ち物をミニマムにするため

そのために、まずお財布をミニウォレットに変えました。

ミニウォレット「watote」に必要な分だけ持ち歩く

「watote(ワトテ)」の豚革ミニウォレット。
封筒を3つ折りにしたようなデザインのミニウォレットは、ファスナーやボタンがない極めてシンプルなデザイン。

コインケースのように見せかけて、実は3つもポケットがあり、クレジットカードも収納可能です。

普段財布にはカードと必要なお金だけを入れています。キャッシュレス化とは言え、現金を全く使わないわけではないので、少しのお札と小銭は持ち運びます。

思いがけず、現金が増えても大丈夫。小さく見えてもこれだけのお札と小銭が入ります。

画像左側に大きめのポケットが段違いで2つ、右にはカードが収納できる小さめのポケットが1つついています。
小銭収納はカバッ!と開いて確認しやすいので、積極的に小銭から使うようになりました。
お札は折り曲げずとも入りますが、わたしは半分に折って、後ろのポケットに差し込んでいます。

クレジットカード、キャッシュカード、ポイントカードは、必要なものだけを厳選して反対側のポケットに。
カードは全部で6枚入れることができました。

ミニウォレットを使って家計・荷物がミニマル化できた

私のこれまで愛用してきたお財布の歴史。
大きければ大きいほど、レシートや必要ないものまで溜め込んでいた長財布時代。

ミニウォレットにしてからは、必要なものをしっかり見極めて、家計も荷物もしっかりミニマル化できています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ