無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[免疫力を高める昼習慣]セロトニンを多く出すためのコツ11

ライフスタイル

年齢と共に下がっていく免疫力。コロナウイルス対策や風邪予防にも免疫力アップは重要です。医師が薦める免疫力を上げる昼習慣をまとめました。日中はセロトニンを多く出して腸活食を取り入れて。

▼あわせて読みたい

お腹スッキリ&免疫力アップ!ロシアの人気健康茶【チャーガ茶】ダイエット

1:噛めば噛むほど健康に

噛むことによって分泌される唾液の成分ペルオキシターゼには免疫力を上げる効果が。(石原先生) 食事はゆっくり噛むことが大切。早食いは交感神経を急激に高め消化吸収を阻害してしまいます。血糖値が急激に上がる弊害も。(小林先生)

2:イラッとしたら階段上り下りを

怒りは大きくても小さくても自律神経を乱す効果が。自律神経が急激に乱れるとその後3時間は乱れたままに。ゆっくりとリズミカルに階段を上り下りすると副交感神経が高まり自律神経の乱れを防げます。(小林先生)

3:肩の上げ下げで血流を促して

長時間同じ姿勢のままでいると首や肩の筋肉が凝り固まり、全身の血流低下、ひいては免疫力の低下を招きます。肩に両手をのせて両肘をくっつけて肘を顔の高さにまで上げ下げを数回繰り返す運動で筋肉の固まりを防ぎましょう。(石原先生)

4:昼食後の隙間時間で腸ストレッチ

座りっぱなしは腸の蠕動運動が滞りやすいため腸刺激ストレッチを。肋骨の下をぎゅっとつかんで体を反らしながら大きく息を吸い、お腹を手で絞り息を吐きながら前屈を。お腹をつかむ位置を下にずらしながら3回行って。(小林先生)

5:昼食メニューには刺激物を摂る

「辛い、苦い、酸っぱい」などの刺激物を食べると早く外に出したいと胃腸の働きが活発に。すると副交感神経が優位になり体の緊張が緩み免疫力がUP。それぞれ体温を上げる、体のほてりを取る、唾液を出すなどの効果も。(石原先生)

6:おやつを食べるならポリフェノールなどを意識

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ