無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実は意外と簡単なんです!今マネしたい「ランプシェードの世界」[最旬リビングインテリア]

インテリア

「リューズガラス ランプシェード」は一度は捨てられたガラスをリサイクルして作られた“リューズガラス”。ガラス表面のわずかなしわや小さな気泡など誰ともかぶらない、ビンテージな灯りを楽しんでみてくださいね。

空間に馴染み、遊び心も飾れる「ランプシェード」

オシャレなオープンキッチンには絶対付けたい、間接照明。
でもよく見える場所だからこそ、そこはシンプルな照明がベスト。
奥にあるキッチンインテリアと隣接するダイニングに合う、ライティングコーディネートが必須です。

「リューズガラス ランプシェード」なら、雑多になりやすいキッチンにぴったりな奥行のある透明感と清潔感のあるガラスが◎。主張しすぎないけれど、見る人の印象にのこる存在感が、品のいいアイテムです。

デザイン違いの2種類のシェードを並べる遊び心もすてき。
またドライフラワーやオブジェなどの組み合わせを楽しめるのも、このシンプルさだから。

「コリーヌ」と「モンターニュ」の2種類。

シェードの形は2種類ございます。

コリーヌ

φ23(BOTTOM)×H8.5cm

広めで浅いフォルムは視覚的にも全体的に光を照らすイメージで、空間を広く見せる効果も。

モンターニュ

φ16(BOTTOM)×H11cm

小ぶりなフォルムはお部屋をより個性的に見せてくれ、お部屋のポイントアクセントとしてGOOD。

ガラス×真鍮

シェードに使われているリューズガラスの「リューズ(再利用)」は、その名の通り、リサイクルガラスで作られたリューズガラスシリーズ。

溶かしたガラスを吹き竿ですくい取り、型の中でひとつひとつ息を吹き込んで作る吹きガラス技法で作られます。
ガラス表面のわずかなしわや小さな気泡、 繊細な表情の違いなど職人によるハンドメイドならではの質感が特徴です。

ソケット部分の真鍮は、使い込むうちに変色など風合いの変化が起こり、独自の質感や深みのある光沢が雰囲気を醸し出しています。
年月の経過とともに、自分だけのアンティークを感じられる愛着のあるものへとなっていきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ