無料の会員登録をすると
お気に入りができます

忙しい人にこそ勧めたい!上下に分かれた「セパレート手帳」なら、ページの“行ったり来たり”も回避できちゃう

ライフスタイル

2022年を共にする手帳がまだ見つかっていないという方は、新年度のスタートを切る“4月始まり”の1冊を選ぶのもありかもしれません。

手帳を製造・販売する「ユメキロック」で特に高い人気を誇るのが、上下2段で予定を管理できるセパレートタイプ。

1月24日(月)には各種オンラインストアにて、2022年4月始まりのウィークリー版とデイリー版、2種類の予約販売がスタートします。

2種類の手帳が上下に配置された「セパレートダイアリー」

ウィークリー&マンスリー版

手帳の中心部が上下で分かれた「セパレートダイアリー」は、見開き1ページで手帳2冊分の役割を果たしてくれる、ほかにはないユニークな手帳。

パッと見ただけで月間の予定と詳細なスケジュールがわかるため、ページの“行ったり来たり”も回避できて、時間の節約になりそうです。

2011年の発売以来、のべ10万冊を販売するほどの人気を誇ります。

デイリー&マンスリー版

今回登場する新商品では、なんと10年ぶりのリニューアルを実施。

手書きを楽しむユーザーの声を反映して、スタンプやマーカーペンを使用しても裏抜けしない紙へと、素材を変更したといいます。

そして手帳カバーには、春の花が箔押しされた「ワンポイントカバー」と、手に馴染みやすい姫路レザーを使用した「シュリンクカバー」が仲間入り。全8タイプ39色がラインナップしています。

ウィークリーとデイリー、あなたはどっちにする?

『ウィークリー&マンスリー版』は、週間と月間の予定、ToDo管理を見開き1ページで確認できる仕様。

サイズはA5(縦210mm×横148mm)とB6(縦182mm×横128mm)の2種類が用意されています。

価格は、リフィルのみなら税込2480円〜、通常のカバー付きは税込3380円〜、レザー素材のカバーが付いたものは1万6900円〜。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ