無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片づけが劇的にラクになる“わが家が実践してる収納のコツ”

インテリア

整理収納アドバイザーのkazukoです。スッキリとしたお部屋を維持するには、片付けしやすい仕組みづくりが大切です。片付けがラクになる収納のコツを実践すれば、片付けも習慣化しやすくなります。そこで、我が家で実践している、片付けがラクになる収納のコツをご紹介します。

モノを減らす

片付けは、モノの量が多いと複雑になり、反対に少ないと簡単になります。まずは、明らかに不要なモノや、使っていないモノを減らすことからはじめましょう。手放すのが難しいのなら、物置やパントリーなどに移動させて、日々を過ごすリビングやキッチンには、必要なモノ、使っているモノだけが収納されている状態にしましょう。それだけでも、日々の片付けはラクになるはずです。モノを減らすことで、片付けがラクになることを実感できれば、モノを手放すことへの意識にも変化がでてくるはず。

カップは食器棚に収まるだけ

我が家のカップ類は、食器棚のスペースに収まるだけ持つようにしています。

アクション数を減らす

片付けは使ったモノを元に戻す作業の繰り返し。使ったモノを元に戻す際に必要な動作数「アクション数」を減らすことで、片付けはラクになります。片付けの仕組みを作る際に、「アクション数」を最小限にすると、片付けはもっとラクになります。片付け苦手さんや、小さいお子さんの収納の仕組みづくりは、特にアクション数を減らすことを意識してみて。

放り込むだけ

フライパンやボウルは、ファイルボックスに放り込むだけ。

掛けるだけ

よく使うエプロンや鍋敷きは掛けるだけ。

使う場所の近くに使うモノをしまう

使ったモノを元に戻す際、収納場所が近くにあると、使い終ったモノをすぐにしまうことができます。使う場所の近くに使うモノをしまう仕組みを作ることで、テーブルの上などについ置いてしまう「チョイ置き」を防ぐことができます。散らからない仕組みづくりに、使う場所の近くに使うモノをしまう視点を忘れないで。

ゴミ袋はゴミ箱の中に

セリアの「次が使いやすいゴミ袋」をゴミ箱の中にスタンバイさせているので、取り換え作業がとってもラクです!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ