無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あたたかな喫茶店のような雰囲気の二人暮らしの2DKインテリア[私らしく暮らす]

インテリア

さまざまなストーリーを持つ、自分の好きなアイテムをたくさん並べて。喫茶店のような有機的であたたかな空間がある、2DKの二人暮らしのお部屋を拝見しました。

DIYで作った作業テーブルのあるダイニング

かいーんさんが彼女さんと二人暮らしをされていらっしゃるのは、2DKの賃貸のお部屋。ダイニング・キッチンは10畳、そして6畳の部屋が2つという間取りで、襖は全て取り外して使われています。

部屋の決め手は、都心部へのアクセスの良さと、広さ。「友達を呼んで楽しめそうな、開放的な部屋を選びました」とかいーんさん。

ダイニングには、3段ボックスを4つ使って簡単に安くDIYした作業台を置いて。アイランドキッチンの部屋に憧れて作られたとのこと。「料理をするのが好きなので、一番使うことの多い場所です」

載せた板と棚とは四隅で万力で止められていて、簡単なのにおしゃれ。これは真似したいアイデアですね。

ストーリーのあるもので部屋を彩る

シンプルな部屋よりも、ものがたくさんあってごちゃごちゃしている方が落ち着くため、「あえてものが溢れているように見せている」とかいーんさん。

お部屋のあちこちに飾られたものは、どれもさまざまな来歴を持つものばかりで、それぞれが素敵な雰囲気を醸し出しています。

ダイニングの棚には、お気に入りのものばかりを置かれています。こちらのライトは、よく行く古道具屋さんで購入されたものだそう。「1950年代ぐらいにあったライトを再現しているもので、一目惚れして買いました。光った時に絵が浮かび上がるのが部屋に合っていていいな、と思っています」

ブリキのピッチャーは、ご実家から持ってきたもの。「形に惹かれるものがあって、ずっと持っています。思い入れがあるというわけではないんだけど、これがないとしっくりこない感じです」

リビングに飾られた洋梨の絵は、前の職場の先輩に描いてもらったもの。「作家さんではなく、知り合いに描いてもらったもので、そういうストーリーのものが自分としてはすごく好きで、部屋に置いています」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ