無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都のフラワーショップ「Maestro」の奥の奥から現れた秘密のカフェスタンド。「pbp」で蘭の香りのアイスを

旅行・おでかけ

京都市内の碁盤の目の中には、まだまだ知られざる魅惑のスポットがいっぱい。今回ご紹介する「pbp(ピービーピー)」は、フラワーショップ「Maestro(マエストロ)」の中にあるカフェスタンド。緑と花の香りに包まれた店内の奥にあるカウンターは、別天地の心地よさです。

花装飾の専門店が2021年3月に実店舗をオープン

京都市役所の北、人気の御所南エリアにオープンした「Maestro」。

外まで溢れ出す珍しい植物や樹形の美しい植物の横にソフトクリームの形の看板が。「?」と足を止めて、窓から店内を覗くと…。

雰囲気のよいカフェスタンドが!興味を引かれて、店の中へ。

ドアを開けると、天井まで届く花たちに圧倒されます。創業時から百貨店やレストランへの生けこみ(花装飾)を専門とするお店だけに、お花の並べ方がアートです。

和花、洋花、大ぶりの枝など種類がいろいろ揃うことはもちろん、花持ちのよい良質な花
ばかりの品揃え。敷居が高そうに感じますが、花瓶に1本あたりの値段が書かれているので、選びやすいですし、予算3000円くらいから見栄えのよい花束を作ってもらえます。プレゼントにもいいですし、部屋の雰囲気を変えて、自分自身のテンションを上げたいときにもおすすめです。

花の奥から現れるカフェカウンター

花の飾り棚を横目に店内を進むと、「pbp」と書かれたネオンボードが光るカフェカウンターが。「用事がないと入りにくい花屋さんのイメージを変えたい」とカフェを併設されたそう。なので、お花を買わずに、カフェだけを利用してもOK。

まだメニューは少ないですが、取り扱うものは選び抜かれたものばかり。

ホットコーヒー500円

コーヒー豆は1970年創業「ソニアコーヒ」の系譜「Oeuf Coffee(ウフ コーヒー)」のブレンド。美しい焼き物のドリッパーで丁寧にハンドドリップしてくれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ