無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体の内側から細ウエストへ。ゴッソリ[蓄積したお腹の老廃物を流す]簡単習慣

ビューティ

季節の変わり目は体に不調になりやすいものですが、なかなか気付きにくいのが腸内環境の不調です。実際、「最近便秘気味…」と感じていませんか? そんな方こそ習慣に採り入れたいのが、腹筋を強化しつつ体の内側からお腹の巡りを良くするヨガの簡単ポーズ【パヴァナムクターサナ(ガス抜きのポーズ)】になります。

【パヴァナムクターサナ(ガス抜きのポーズ)】

体を丸めてお腹と太ももを押し合いながら腹式呼吸を行うことで、お腹の巡りを高めつつ腹筋を鍛えることができあす。背筋を柔軟にするので腰痛の緩和にもオススメ。ただし、見た目では簡単にできそうなポーズですが意外とハードなので、できる範囲で無理なく実践してみましょう。

(1)床に仰向けになって、股関節から上げるイメージで両脚を持ち上げる

(2)両手で両脚を抱える

(3)首を持ち上げ、ひざと鼻をつけるような状態でゆっくり3呼吸(約30秒間)キープする

期待する効果をきちんと得るためには「太ももとお腹を押し合うイメージで腹式呼吸を行うこと」がポイント。体に柔軟性がある方は“太ももと胸をできる限りくっつけた状態”(下写真)で実践してみましょう。

▲首を上げてツラく感じる方は首を上げず、太ももと胸をくっつけたままの状態で行ってみてください。

一方、太ももと胸をくっつけることが難しい方は“両手でひざを持つようにして行う形”(下写真)でOKです。

お腹の巡りを良くすることは全身のデトックスとしても最適。季節の変わり目こそデトックスに力を入れたいところですから、ぜひ習慣化して体の内側からキレイをめざしていきましょうね。<ヨガ監修:Minami(インストラクター歴4年)>

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ