無料の会員登録をすると
お気に入りができます

予約の取れない家政婦seaさんが「絶対やらない」間違った収納法

インテリア

片づけられないのは、あなたの性格のせい? 努力が足りないから? それを全否定するのは、家事代行マッチングサービス「タスカジ」で大人気の片づけコンサルタントseaさん。そんなseaさんは、収納する際に決してやらないことがあるそうです。オンライン取材でseaさんに直接お話を伺いました。

教えてくれたのは……seaさん

家事代行マッチングサービス「タスカジ」ハウスキーパー。20年以上家事代行サービスに携わり、今まで6000軒以上の家の片づけをサポート。現在では予約の取れない家政婦と呼ばれ人気を博している。著書に『家じゅうの「めんどくさい」をなくす。』(ダイヤモンド社)、『タスカジ sea さんのリセット 5 分の収納術』(主婦と生活社)がある。

『家じゅうの「めんどくさい」をなくす。』
『タスカジ sea さんのリセット 5 分の収納術』

使わないものが収納を占拠していませんか?

www.photo-ac.com

片づけても部屋がすぐに散らかる……と悩む人も多いのではないでしょうか。そんな方は、まず収納の中身をよく見てみましょう。収納しているものでぎゅうぎゅうになっていませんか?

もしそれが使用頻度も高く、全部使っているものだとすれば、収納そのものの数を増やすしかありません。しかし大半の人は、よく使うものとそうでないものが混在しているのだそう。

seaさん「このゆとりのなさが片づけにくさにつながって、物を元の場所に戻すことをめんどくさくしてしまっているんです」

まずは収納の中が今ここにあるべきものなのか、あるべき量なのかをしっかり精査していきましょう。

スタメンとそれ以外でメリハリのある収納を

stock.adobe.com

seaさんは収納する際に決してぎゅうぎゅうにものを入れないとおっしゃいます。では今詰め込まれたものはどうしたらいいのでしょうか?

seaさん「収納内のものを一度すべて出して、今使うものとそれ以外に分けてみましょう。今使うものとは、3か月以内に使うものです。
そのとき、その場所になくてもいいものは移動させて、収納スペースを開けてくださいね。例えば、ダイニングの収納に保険の証書などが入っていませんか? お得だからとまとめ買いしたペンが10本以上あるなんてこともよくあります。使う分量だけを残し、あとは輪ゴムでまとめて引き出しの奥にキュッとまとめておくだけでも、引き出しにゆとりが出ますよ」

使用頻度の高いものの収納のしかた

使用頻度の高いものや、お気に入りといったものは、よく見えて取り出しやすい位置に、ゆとりをもたせて収納しましょう。

【具体例】
・よく使う文具は厳選して引き出しの手前へ。
・よく着る服はクローゼットの手前にかけてとりだしやすく。

stock.adobe.com
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ