無料の会員登録をすると
お気に入りができます

覚えておきたい♡“冬の大判ストールの巻き方”を動画で解説!

ファッション

大判ストールの巻き方を完全マスター!

コーディネートのアクセントに、首元の防寒対策に、膝掛に…様々なシーンで活躍する“大判ストール”。寒さが一段と厳しくなるこれからの時期、なくてはならないアイテムですよね。

zozo.jp

けれど、巻き方がワンパターンになったり、自己流でかっこ悪くなったり…こんな経験ありませんか?そこで今回は、冬におすすめな大判ストールの巻き方を、動画解説でご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

大判ストールの巻き方 8選

1.一番簡単な「ワンループ巻き」

とにかく簡単にできる「ワンループ巻き」。大判ストールなので、シンプルな手順でもニュアンスのある首元を演出できます。ストールの厚みや大きさを問わない万能な巻き方です。

①ストールを二つ折りにする。
②首にかける。
③垂れている方をループの中へ通す。
④ふんわり感を出すようにバランスを整えたら完成です。

2.こなれ見えする「ミラノ巻き」

今一番人気のある「ミラノ巻き」。上品な印象の巻き方で、手軽にこなれ感を演出できます。難しそうに見えますが、コツを掴めばとっても簡単なので、ぜひお試しください。

①ストールを二つ折りにする。
②首にかける。(左右のバランスは1:2ぐらいで。)
③長い方を巻く。
④首の輪の間からストールを引っ張ってループを作り、反対側のストールを通す。
⑤整えたら完成。

3.ラフ可愛い「エディター巻き」

zozo.jp

ラフでカジュアルな印象の「エディター巻き」。別名「一周巻き」とも呼ばれ、その名前の通りグルッと首に巻きつけるだけのシンプルな巻き方です。

①ストールを二つ折りにする。
②首にかける。(左右のバランスは1:2ぐらいで。)
③長い方をグルッと一巻きする。
④全体のバランスを整えたら完成です。

記事に関するお問い合わせ