無料の会員登録をすると
お気に入りができます

サクッと大変身。「パンを使ったおせちリメイク」でお正月明けも大満足

作りすぎて余ったおせち料理は、どう食べていますか?どれも手をかけて作った料理は、最後までおいしく食べたいですよね。そこで今回ご紹介するのが、パンを使ったおせちのリメイク。パンと組み合わせるとおせちがどう変身するのでしょうか…!

muccinpurin

レシピ

余ったおせちがパンで大変身!

Photo by muccinpurin

お正月のお楽しみでもあるおせち料理ですが、多く作りすぎたり食べ飽きてしまったりと、余ることもありますよね。

冷蔵庫に残ったおせちをおいしくリメイクして、新しい料理として蘇らせてみましょう♪

今回はおせちとは意外な組み合わせのパンを使って、斬新にリメイクしてみました。新しくておいしい、おせちのリメイクレシピをご紹介します。

1. 塗るだけカンタン!「栗きんとんトースト」

Photo by muccinpurin

パンに塗るだけでサクッとできる「栗きんとんトースト」なら、早起きに慣れていない新年のバタバタとした朝でも慌てずゆっくりと朝食が摂れますよ。

トーストにバターやクリームチーズを塗れば、さらにパンと自然にマッチします。

おせちとはまったく違う、栗きんとんの新しい魅力にきっと驚くはずです!

2. ドットがキュート♪ 「黒豆クリチサンド」

Photo by muccinpurin

黒豆とクリームチーズをサンドした「黒豆クリチサンド」は、クリームチーズのマイルドな酸味や塩気と黒豆の甘さがベストマッチ!

ドットのような断面もキュートで、お弁当にもぴったりですね♪

サンドしてからラップに包んで時間をおき、馴染ませるとうまく切れますよ。

3. 新・断面萌え!? 「昆布巻サンド」

Photo by muccinpurin

サンドイッチの断面萌えはもはや定番になっていますが、「こんな断面初めて!」とインパクト抜群なのが「昆布巻サンド」です。

昆布とパンという一見意外な組み合わせは、実際食べてみると驚くほど自然な味わい。

パンに塗ったマヨネーズやからしが、パンと昆布の架け橋となって全体をまとめてくれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ