無料の会員登録をすると
お気に入りができます

腸内環境を整えて「お腹痩せ」を実現させる方法とは?

美容

多くの女性を悩ませている「引き締まらないお腹まわり」。
なかなか引き締まらないお腹まわりには、「腸内環境を整える方法」も有効と言えます。
それでは、腸内環境を整えてお腹痩せ効果につなげるにはどうしたらよいか、その方法をお伝えしたいと思います。

picture
bybirth.jp

腸内環境を整えて「お腹痩せ」を実現させる2つの方法とは?

それでは、腸内環境を整えてお腹痩せを実現させるためにはどうしたらよいか、その方法についてお伝えしましょう。

腸内環境を整えるために行うべきことがあります。それは善玉菌を増やすことです。善玉菌を増やすことで腸内で善玉菌の働きが優位になり、腸内環境を整えることができるからです。

そのため、善玉菌を増やすことが腸内環境を整えて、お腹痩せ効果に導く方法と言えます。

善玉菌は、たった2つの方法を実践するだけで増やすことができます!

方法1:善玉菌を直接摂取すること

善玉菌は、乳酸菌を含む食品に含まれています。乳酸菌を含む食品として、「発酵食品」が挙げられます。

「発酵食品」とは?

発酵食品とは微生物の働きでできた食品のことで、「キムチ」や「納豆」「味噌」「ヨーグルト」「チーズ」などがあります。

ただし、発酵食品と呼ばれる食品には、塩分が多く含まれているものがたくさんあるので、毎日の食事の中で少しずつ摂るのが望ましいと言えます。

picture
bybirth.jp

善玉菌の働きを活発にする食べ方のコツ

ここで、善玉菌の働きを活発にする食べ方のコツを伝授しましょう。それはヨーグルトを少し温めることです。

60度以上まで温めすぎてしまうと菌が死んでしまうので、40度くらいまで温めるようにします。

方法2:腸内で善玉菌を増やすことができる食品を摂ること

腸内で善玉菌を増やすことができる食品には、「オリゴ糖」と「食物繊維」があります。

「オリゴ糖」とは?

単糖が2~10個結合した少糖類のことで、「オリゴ」というのはギリシャ語で「少ない」という意味があります。

オリゴ糖には「消化性のもの」と、消化されずに大腸まで届く「難消化性のもの」とがあります。難消化性のオリゴ糖は、消化酵素ではほとんど分解されず、消化吸収されないまま大腸まで届きます。大腸に届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を増やすことができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ