無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[悲報]レシートを見て涙が止まらない!「100均で絶対後悔しない!ムダ買い防止」マネするだけ節約術

節約・マネー

こんにちは、子ども3人の母、貯金ゼロから1,500万円貯めたヨムーノライターのchippuです。

100均には、高見えアイテムや便利グッズなど、つい手が伸びてしまう魅力的な商品がたくさんありますよね。

「1つ100円」というお手頃感から、つい予定にないものまで買ってしまうことはありませんか?

実はコレ、100均のこわ~い落とし穴!!

リーズナブルな価格であるがゆえに、つい買いすぎてしまうんです。

そこで今回は、私が100均でムダ買いを防ぐために実践していることを紹介します。

1・2個買う予定が…お会計金額を見て(涙)

今では300円や500円商品も取り扱うようになりましたが、100均で購入できるアイテムのほとんどは税込110円。
「コレが100円で買えるの!?」と感動する便利アイテムや高見えグッズを見つけると、買う予定がなくても、ついついカゴに入れてしまうもの…。
これこそ、「100均マジック」!
ふだんなら絶対余計なものは買わない!と意気込んでいても、100均で買い物をしていると、つい財布の紐がゆるんでしまうんです…。

節約好きの私も、ボールペンを1本買いに行くつもりが、お会計を見て驚愕したこともあります。
そこで私は、こういった「買いすぎ」の失敗を防ぐために、100均でムダ買い防止のために策を考えました。

100均で後悔しない【ムダ買い防止テク①】予定がないときは立ち寄らない!

100均一は新作もちょこちょこ入荷されるので、予定がなくても立ち寄っていました。
店舗ごとに品ぞろえも違いますし、商品数が多いので行くたびに新たな発見があります。
「こんなの欲しかった!!」と感動するような、“痒い所に手が届く“グッズを見かけると、つい誘惑に負けてしまうことも数知れず…(涙)
その結果、ムダ買いをしてしまうことが何度もありました。
余計な出費を防ぐため、今は「予定がないときは100均に寄らない!」と決めています。
入店したら欲に打ち勝つ自信がない私は、立ち入らないことが一番の節約!
目的がないとき以外は、100均での買い物を避けるようにしています。

100均で後悔しない【ムダ買い防止テク②】買うものリストをつくる

100均で買いたいものがあるときは、お店へ行く前にリストアップしておくのがマイルール。
入店したら、リストを見ながら必要なものだけを集めにまわります。
あらかじめ買うものを決めておくことで、予定外のコーナーへの立ち入りを防止!
効率良く商品を探すことができるようになり、買い物時間の節約にもつながりました。
リストのおかげで、買い忘れをしなくなったメリットもありますよ♪

100均で後悔しない【ムダ買い防止テク③】ちょこちょこ買いはしない

以前は、必要なものが1個でも100均に立ち寄っていました。
ですが、スーパーと同じように行く回数が多いほど、ムダ買いが増えてしまいます。
そこで、必要なものがあっても、ちょこちょこ買い物へ行くことはやめました。
ボールペン1本を買いに行きたいときは、100均へ行かずに、ちょっと割高でもスーパーで買い物ついでに購入します。
100均でしか買えない便利グッズも、すぐに買いに行くことをやめてからは、本当に必要かどうか冷静に考えられるようになりました。

100均で後悔しない【ムダ買い防止テク④】できるだけカゴを持たない

カゴを持って店内をまわると、不思議と財布の紐がゆるんで、必要ないものまで買ってしまいがち。
予定外のグッズも、「コレ良さそう!」と思ったら最後。
ついついカートインして、会計金額にびっくり…というパターンは何度も経験しました(涙)
今は余計な出費を避けるため、買うものが大量にある場合を除いて、カゴを持たず買い物をするように。
また、買い物はできるだけ短時間で済ませて、100均に長くとどまらないよう心がけています。

100均で後悔しない【ムダ買い防止テク⑤】会計前にひと呼吸

本当に必要かどうか、一度見直すことも大切。
商品を手に取ったときは「欲しい」と感じたグッズも、よく考えてみれば必要ないこともあります。
そこで私は、会計へ行く前に、本当に買うべきかを再確認。
雑貨や便利グッズは、実際に自宅で使うことを思い浮かべて、必要かどうか冷静に考えます。
日用品や文房具は、コスパもチェック。
100円でもよく考えてみると割高なものもあれば、大容量でも品質がイマイチのものもあります。
会計前にひと呼吸置いて、手に取った商品を見直すことで、予算オーバーの買い物もグンと減らせるようになりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ