無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分と向き合う時間を大切に。団地一人暮らしを楽しむ私が買ってよかった、3つのアイテム #myfavorites

インテリア

毎日をごきげんに暮らしているあの人に、生活にプラスの影響を与えてくれたモノ、最近買ってよかったアイテムを教えてもらう連載。第27回目は団地で一人暮らしをするfukai.さん。日々考えを巡らし、自分の想いと向き合うために使っているアイテムについて教えてもらいました。

今回アイテムを紹介してくださったのは、団地で一人暮らしをされているfukai.さん。SNSで発信される投稿には、いつもfukai.さんが暮らしのなかで気づいたこと、考えさせられたことなどが綴られていて、思わず見入ってしまいます。

優しい光が差し込む室内には、fukai.さんのありのままの生活が詰まっています。

そんなfukai.さんに最近買ってよかったモノ、暮らしを豊かにしてくれたアイテムについて聞いてみました。

MY定番に追加したい!《ディーゼル》ライブラリーのデニムはコチラ

1.  晴れた日も、部屋の中にいたくなる。アラビア・メリ「コーヒーカップ&ソーサー」

まず一つ目に紹介してくださったのは、北欧ヴィンテージ食器専門店で購入されたという、アラビアのメリ「コーヒーカップ&ソーサー」。

スタッキングできる収納性の良さと、深みのある色合い。そして両手で包めるほどの小ぶりなサイズ感がかわいらしく、気に入っているのだそう。飲み口が薄くなっているので飲みやすいのも特徴です。

アラビア・メリ・コーヒーソーサー&カップ/一客6000円程度

「今回とは別デザインのものですが、行きつけのコーヒー屋さんで出していただいた、アラビアのヴィンテージカップに一目惚れ。絶対にいつかアラビアのカップを家に迎えるぞ!と決心して探していた時に出会いました。

北国の冬の海を想起させる深く色合いが素敵だったのと、私自身が海辺の街で生まれ育っていたこともあり、Meri(メリ。フィンランド語で「海」)という名前に縁を感じたのもあって、奮発して二客をお迎えしました」

探し回ってようやく見つけた一客。使用する道具の質が上がることで、体験する時間そのものの価値も上がるのだと感じるきっかけになったのだそう。

「一つの食器に数千円かけるのは初めての経験だったので緊張しましたが、自分が素敵だと感じて買ったものは大切に、かつ沢山使いたくなります。

食器棚の中で使われるのを待っている慎ましい佇まいも素敵なんですよね。このカップを迎えた後で、HARIOの真っ赤なコーヒードリッパーとサーバーを迎え、よりコーヒーを淹れることのできる時間そのものを味わうようになりました。晴れた日も、あえて家の中でじっくり過ごすのも悪くないと思えます」

2. 寝る前に、書く時間を設けて自分と向き合う。パイロット「万年筆」

続いては、パイロット社の「万年筆」。繊細な彫のある金のペン先、軽い書き心地が特徴です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ