無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シンプルだけど奥が深い♡ワンランク上の「1つ結び」を作るコツ

ヘアスタイル

オールシーズン使える簡単アレンジ

ただ後ろで1つにまとめて結んでいるだけなのに、はっとするほどあか抜けて見える女性っていますよね。実はそう見せるには、ちょっとしたコツが必要です。

編んだりまとめたりという手間を省くかわりに、ちょっとしたコツを意識しておけば簡単に時短で作れる1つ結びを、この機会にマスターしておきませんか?

1つ結びをランクアップ!5つのテクとは?

1.「ざっくり感」を心がける

1つ結びは、無造作でラフな質感のほうが断然おしゃれに見えます。パーマをかけている方は手ぐしでざっくり作るのもおすすめ!ストレートの方は、コテで巻いてから作るとふんわり優しいイメージになります。

2.ほぐして"抜け感"を演出

1つ結びのカギになるボリューム感は、結んだあとの髪のほぐし方が関わってきます。片手で結び目を押さえてから、結び目に近い所、襟足部分の髪を均等に少しずつ引き出し、最後にトップ部分も均等に引き出して完成です。

3.おくれ毛は2か所程度がベター

おくれ毛もあるとないとでは、イメージがぐんと変わります。1つ結びの場合は、こめかみともみあげ部分など2か所程度作るのが◎。細く作ったら、最後に軽く巻いておきましょう。

流行の「あざと毛」もチェック!

フェイスラインにかかるように作られた「あざと毛」も2019年に流行しそうなスタイルです。顔周りの髪を1.5cmほどとって2つにわけコテでまきます。コームでといた後に細かくわけて完成です。

4.ゴム隠しで生活感を消す

結び目のゴム隠しは生活感を消すだけでなく、シンプルなスタイルにしたい時にもおすすめです。まとめた髪から少し髪を取り、ねじりながら結び目に巻き付け、見えないよう結び目の下でピンで1~2箇所固定して完成です。

記事に関するお問い合わせ