無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ここに来ればジブリの歴史がわかる!? 「鈴木敏夫とジブリ展」は足湯まで完備

旅行・おでかけ

1日から始まった「鈴木敏夫とジブリ展」。一日いても飽きない、その内容とは…?

全国各地を巡ってきた「鈴木敏夫とジブリ展」。いよいよ1日からは3年ぶりに東京で開催されます。

今まで以上にグレードアップしたという、その展覧会の中身とは…?

■「鈴木敏夫とジブリ展」とは?

「鈴木敏夫とジブリ展」は、高畑勲・宮﨑駿両監督と共に、世界を代表する数々のアニメーション映画を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサーの鈴木敏夫氏の「読んできた本」と「その時代背景」に注目。

本からどんな影響を受け、自身の思考術へとつなげていったのか、そしてどのように作り手と向き合い、編集者、プロデューサーとしてスタジオジブリ映画を確立していったのか…8,800冊の書籍や映画作品を通じて探っていく、という展覧会です。

■少年時代〜ジブリでの仕事まで

入り口すぐにあるのは、ジブリ作品の名場面とセリフ。やっぱりこの作品はこのセリフか! とテンションが上ります。ラピュタはやっぱり「バルス!」。

その先に広がるのは、少年時代の鈴木プロデューサーがすごした四畳半の部屋、そしてたくさんの漫画たちです。「あんなにキレイじゃないですよ、もっと雑然と色々置いてあったんです」と笑っていましたが…この量は本当にすごい!

そのまま大学生、そして徳間書店時代を振り返る旅へ。

『風の谷のナウシカ』がアニメージュで連載され、その後に映画化、爆発的大ヒットを経て「スタジオジブリ」が誕生したのは有名な話ですが、どうしてアニメージュで連載したの? ジブリってどうして誕生したの? …などを知ることができます。

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

■トトロも!

大人気作、トトロもちらり。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ