無料の会員登録をすると
お気に入りができます

DIYの壁面収納に日々の好きが重なっていく。1K 26㎡ 一人暮らしのインテリア[私らしく暮らす]

インテリア

自身のライフスタイルと好きな景色を軸に住まい探し。1K 26㎡のコンパクトなお部屋を日々の暮らしで得られた「好き」と空間作りの「ルール」を持って整えられているmayukoさんにお話を伺いました。

おいしくて手軽な《野菜をMOTTO》のスープで、おうちカフェタイム

好きを詰め込んだ収納棚

進学をきっかけに上京してから複数の賃貸で生活をしてきたmayukoさん。どのお部屋も立地が良く、スペースはコンパクトなものばかりだったそう。今回のお部屋も限られたスペースでご自身の好きを詰め込んだ空間作りが特徴的です。

「住み初めの頃は壁の装飾は無く、棚も一般的な既製品のテレビ台を使っていました。ただコロナ禍になって、家での時間が増えるとともに、手がつけられていないスペースとしてどうしても気になってしまったんです」

「そこで、その時あった棚をすべて捨てて、木材や石レンガを買ってきて、簡単な収納棚をつくりました。眺めるだけで気分が上がる家にしたくて、この壁に部屋の好きなものを全て詰めこもうと自分が好きなCDや本、着ることが少なくなったバンドTシャツを並べました」

「雑貨や小物は元々好きでたくさん持っていたのですが、テレビ台の時は並べると逆に散らかって見えてしまって表に出せずにいたんです。今の棚になって好きなものを全面に並べられるようになったのは良かったですね」

飾られている雑貨の中でも、最初に購入して思い入れがあると上段に飾られているのがLEGOで作られたビートルズのyellow submarine。本家のミュージックビデオにも出てきた潜水艦のミニチュア模型です。

「曲も映像もLEGOも好きだったので、絶対に欲しいアイテムの1つでした。組み立てる工程も、完成したディスプレイとしてもとっても良くて気に入っています」

昔から自分で組み立てるおもちゃや雑貨が好きだと話すmayukoさん。ディスプレイゾーンには他にもガンダムが並んでいました。オシャレな雑誌からプラモデルまで、物を統一させるというよりは、好きを詰め込んだという言葉がぴったりのスペースだと改めて感じます。

「モノの住所を決める収納方法も良くあると思うんですが、私は苦手で、出したものをきちんとその場所に収められないので、適当に置いてもいい感じになる今の収納棚は自分の性格的にも合っていたと思います」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ