無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カレーもサンドイッチも全部味噌!?味噌まみれの人気カフェ『ぞうめし屋』の挑戦とは? ~ 『デラメチャ気になる!』

グルメ

はるな愛と村上佳菜子が話題のスポットに出かけ、“気になる”を調査しながら街歩きする番組『デラメチャ気になる!』。7月17日の放送では愛知県西尾市のデラメチャ気になるスポットをぐるり。あらゆるメニューに味噌が使われている人気のカフェ『ぞうめし屋』では味噌蔵を受け継ぐ三代目の奮闘に迫りました。

『デラメチャ気になる!』動画を見る

カレーもサンドイッチもタコライスも!?味噌まみれのカフェ『ぞうめし屋』が大人気!

国内有数のブランドウナギの産地であり、抹茶の生産量もトップクラスである愛知県西尾市。ここに町の新たな名物を出す変わったお店があります。

7年前にオープンし、今や西尾の人気店となったそのお店の名は『ぞうめし屋』。お店に入ると美味しい料理の味に舌鼓を打つお客さんで一杯です。

『ぞうめし屋』を訪れるお客さん達のお目当ては「味噌を使った料理」。お店で提供されているメニューが、味噌を使ったものばかりなんです。

例えばオムライスにはトマトケチャップに加えて味噌ソースがたっぷり!

野菜たっぷりなタコライスに乗っているのもピリ辛ソースとも肉味噌!

さらには厚切りのたまごサンドにもマヨネーズの代わりに肉味噌が塗られています。

そんな味噌まみれの『ぞうめし屋』を営むのは今井大輔さん。

今井さんのご実家は西尾で63年続く味噌蔵「今井醸造」。その跡を受け継ぐ3代目として「実家で作る味噌の美味しさを知ってもらいたい!」と2015年に『ぞうめし屋』をオープンしました。

跡を継ぐ前は名古屋でアパレルの仕事をしており、料理の経験が無かったという今井さんが実家の味噌の美味しさのことをもっと知ってもらおうと始めたのがキッチンカー。わずか5万円で手に入れたキッチンカーで最初に販売したのが今井さんにとってのおふくろの味である『肉味噌』を使った肉味噌丼でした。

スローフードをイメージして作った肉味噌丼、しかし最初はあまり売れなかったそうです。美味しさには自信があった今井さんですが「この見た目では地味すぎて、味が伝っていないのかも」と考え肉味噌丼を改良。肉味噌はそのままに、キムチやネギ、温泉卵などを追加して見栄えがするように工夫しました

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ