無料の会員登録をすると
お気に入りができます

取り出しやすくしまいやすい。お手本“食器棚収納術”

インテリア

整理収納アドバイザーのkazukoです。食器棚の中、使いやすい収納になっていますか? 食器棚のお皿やコップが取り出しやすいと、毎日のキッチンでの作業もラクに行えますよね。そこで、食器収納のポイントと、我が家の食器棚の収納をご紹介します。参考にしていただけると嬉しいです。

まずは全部出しで食器を把握しよう

暮らしているうちに、いつの間にか増えている食器類。食器棚から取り出すときに出しにくさを感じたら、食器整理のサインです。まずは全部出して、どんな食器をどれだけ持っているのか、把握することらはじめましょう。同じようなデザインのモノや、同じ用途で使うモノがないかチェックしてみて。収納家具を増やしたりするのではなく、今の住まいのスペースにおさまる量しか持たない、と意識することが大切です。

我が家の吊り戸棚式の食器収納

我が家の食器棚は、吊り戸棚式の食器棚。横に扉6つ分の容量があります。扉2つ分ずつに分けて、しまう食器の用途や使用頻度別に収納しています。

左側の吊り戸棚はお茶セットを収納

左側の吊り戸棚は、作業台の上の部分にあたるので、1番長い時間立っている場所です。毎日入れるコーヒーやお茶のパックと合わせて、マグやカップ類、ティ―ポットなどを収納しています。

ダイソーのディスプレイラックを活用して、ラックの上の部分をコースターの収納スペースに。お茶を準備するときに必要なモノを、まとめて収納しているので、来客の際などの準備もスムーズです。

また奥行を有効活用するために、セリアのキッチン整理ボックスに、カップ類を収納して取り出しやすく。

中央の吊り戸棚は毎日使う食器を収納

中央の吊り戸棚は、毎日使う食器を収納。ごはん茶碗、汁椀、平皿などを取り出しやく収納しています。

よく使う中皿は、セリアのディッシュスタンドスリムに、立てる収納にすることで、必要なときに片手でサッと取り出せます。

毎日使う平皿を、セリアのキッチンワイヤーディッシュラックの上段に、たまにしか使わないデザート皿を下段に収納することで、重ねる収納でも、取り出しやすくしまいやすくなります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ