無料の会員登録をすると
お気に入りができます

免疫力を高めて風邪予防!巻き肩も改善!脇のリンパを流すセルフケア&ヨガポーズ

寒さが深まるとともに、風邪やインフルエンザが流行するこの季節。筋肉の硬直で滞ったリンパの流れをピンポイントに改善するヨガで免疫力を高め、ウイルスや細菌を撃退する体をつくりましょう! ヨガ講師、鍼灸・按摩マッサージ指圧師の石田先生に「脇の下」のリンパの流し方を教えていただきました。

ヨガジャーナル日本版編集部

美容

脇の下のリンパ節「脇の下のくぼみ」をケアしよう

腕のリンパが流れ込む脇のほか、肩や大胸筋の裏側などもリンパが集まるポイント。ここを流すことで呼吸器や循環器の免疫力を高めるほか、バストのハリを保つ効果も。

ヨガの前に「腋窩(えきか)リンパマッサージ」

リンパが多く集まる「腋窩リンパ節」の流れを瞬間的に止め、パっと離すことで滞りを一気に改善。周辺の筋肉がゆるむため、肩こりをはじめ、肩の位置を調整して巻き肩などの改善にも効果があります。

HOW TO

脇の下のくぼみを親指で押さえ、1・2・3でカウントして離して2~3回繰り返す。押す力は強すぎず、いた気持ちいい程度がベスト。

腋窩(えきか)リンパマッサージ/Photo by Shoko Matsuhashi

1.体側ラインを伸ばして脇を開きリンパを流す万能ポーズ/体の脇を伸ばすポーズ

下半身を安定させて体側を伸ばし、首・脇の下・股関節などリンパの重要な中継点をまんべんなくストレッチ。胸や背中、腕の筋肉が交差する部分を効率よく伸ばして、脇の下にあるリンパを一気に流します。

HOW TO

大きく開脚して両腕を水平に上げる。片足の先は真横に向けて膝を垂直に曲げ、手を床におく。反対の手を斜め上に伸ばし、指先を見て5呼吸キープ。反対側も同様に。

POINT:後ろ足にも体重をかけ体側をしっかり伸ばす

体の脇を伸ばすポーズ/Photo by Shoko Matsuhashi

NGポーズ

前足重心&上体が前のめりでアンバランスな状態。体側や脇の下も伸びないだけでなく、股関節が開かない・膝を痛めやすい・肩がつまるなどNGだらけに。

体の脇を伸ばすポーズのNG/Photo by Shoko Matsuhashi

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ