無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「脳疲労」たまってない?薬剤師に聞く!今すぐ試せる自律神経の整え方

ライフスタイル

「最近疲れやすい」「疲れがとれにくい」という悩み、もしかしたら「脳疲労」が原因かもしれません。ストレス社会を生きる現代人は、知らず知らずのうちに脳が疲れているのかも。そもそも脳疲労とは何なのか、その具体的な回復方法について、あんしん漢方の薬剤師、稲嶺千春さんに伺いました。

現代人に多い「脳疲労」。その正体とは?

photo:unsplash

脳疲労とは、「脳が疲れて正常に働かなくなった状態」のことをいいます。脳が疲れると思考力や集中力が落ち、疲労を感じやすくなるといわれています。

人間関係や仕事でストレスを受けた際、ぼーっとしたり疲れやすいと感じたりした経験はないでしょうか? 脳疲労の原因は、情報過多な環境やストレスなどによる「自律神経の乱れ」だと考えられています。

情報にあふれた環境が「脳疲労」を引き起こす

脳が疲れて正常に働かなくなる「脳疲労」の原因は、「ストレス」と「情報過多」だと考えられています。仕事や人間関係におけるストレスや、スマホから得られる膨大な情報の処理に脳が追いつかず、パンクしてしまうのです。

脳疲労の原因となる自律神経の乱れ

前述したとおり、脳疲労の主な原因は、ストレスや情報過多による「自律神経の乱れ」です。

脳が疲れると、自律神経のコントロールがうまくできなくなり、「夜中に目が覚める」「イライラする」「思考力が落ちる」などの症状が出ます。

自分の脳疲労度を知ろう! 簡単チェックリスト

photo:pixabay

「この疲れや症状は脳疲労のせいなのかな?」と疑問に思う方へ向けて、簡単な脳疲労のチェックリストを用意しました。以下の項目のうち、2つ以上当てはまった場合、脳疲労となっている可能性があります。

・夜中に目が覚めやすい
・食事がおいしくないと感じることが多くある
・からだを使わないのに疲れを感じる
・いつもイライラしている
・何もないのに不安に感じることが多い
・考えがまとまりにくい
・集中力が続かない

脳疲労の可能性が高い方は、日頃からぼーっとしたり、思考力が落ちてしまったりしていることがあります。日頃から脳の健康を意識して、脳のケアに気をつけることが大切です。

脳疲労を解消するおすすめルーティン

photo:unsplash

脳疲労を解消するおすすめルーティンを、平日に簡単にできるものと休日にゆっくりできるものにわけてご紹介します。

平日の脳疲労解消ルーティン

①作業中はこまめに休憩をとる
パソコンを使ったデスクワークを長時間続けると、脳が酷使されて情報処理能力が落ちてしまいます。25分間作業をしたら1回休憩するなど、こまめな休息をとりましょう。午後の活動のために、20分ほど昼寝をすることも効果的です。

②目の疲労を和らげる
目と脳はつながっているため、目の疲労を緩和することも重要です。たとえば、オフィス環境や自分のデスクまわりに、目に優しい緑色のものをおくこともおすすめです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ