無料の会員登録をすると
お気に入りができます

骨盤をキュッと整える!ヨガインストラクター監修。下半身の簡単引き締め習慣

美容

スラっと引き締まった美脚に、キュッと上がったヒップライン。そんな美しい下半身の要となるのが「骨盤」です。骨盤の歪みを整えることで、美容や女性特有の不調の改善などが期待でき、ヘルシーなスタイルが目指せます。今回は、骨盤矯正におすすめのヨガポーズ3選を、ヨガインストラクターの古城美季さんに伺いました。

血流やリンパの流れを促す「三日月のポーズ」

photo:ac-illust

縮みがちな脚の付け根の前側をストレッチしながら、胸を開いて血行を促進するポーズです。インナーマッスルや腰回りの筋肉を活性化する効果も期待できます。

ヨガのやり方

1. 四つん這いの姿勢から、右足を手と手の間に入れます。

2. おなかに力を入れて、ゆっくりと上体を起こして骨盤を立てます。このとき、腰に手をあてて骨盤をサポートすると安定します。

3. 右ひざは直角に曲げて、しっかりとかかとの真上まで踏み込んだまま、左足を後ろに引き、足の甲を床に根付かせます。

4. 息を吸いながら両腕を頭上に持ち上げて胸を開き、息を吐きながら重心を下げて骨盤を床に近づけます。腰を反らないようにしっかりとおなかに力を入れて、胸を上に引き上げましょう。

5. この姿勢のまま5呼吸キープします。反対側も同様に。

骨盤の引き締めと内臓機能の調整に効くポーズ

photo:ac-illust

骨盤の歪みを矯正して引き締め、ツイストによって背骨を整えて内臓を活性化する「半分の魚の王のポーズ」です。便秘解消やウエストの引き締めにも効果的です。

ヨガのやり方

1. 両足を伸ばして座った状態から、右ひざを曲げ、左足をまたいで右の足裏を左のお尻の近くに置きます。

2. 左ひざを曲げて、右のお尻の近くに引き寄せ足の甲を床に寝かせます。このとき、右のお尻を少し持ち上げるとスムーズです。

3. 左手で右のひざを抱え、右手はお尻の後ろについて、息を吸いながら、指の腹で床を押して背筋を伸ばします。
4. 息を吐きながら、上半身を右側にねじります。おなかから胸、肩、首の順番で下からていねいにツイストを深めましょう。

5. この姿勢のまま、3~5呼吸キープします。反対側も同様に。

女性特有の痛みや悩みには漢方でアプローチも

photo:pixabay

漢方医学では、血流の改善によって代謝や免疫力を上げたり、からだに溜まっている脂質や老廃物を尿や便と一緒に排出したりすることでむくみや便秘を改善し、美しい下半身にアプローチしていきます。

さらに、生理痛や便秘、むくみなど女性特有の痛みやこころの不調の改善を漢方薬は得意としています。骨盤の歪みによって引き起こされるこれらのお悩みに、効果と安全性が認められている漢方はいくつもあります。

そのため、ヨガやストレッチと一緒に漢方薬を取り入れることもおすすめです。体内のエネルギーバランスを整えて、免疫力や回復力、排出力といった、人が本来持っている自然治癒力を高めることで、根本的な美と健康の実現が目指せます。以下ではおすすめの漢方薬2種をご紹介します。

女性特有の不調やお悩みを持つ方におすすめの漢方薬2種

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
色白で冷え性、体力がなく、むくみやすい、筋肉が少ない方におすすめです。
血を補い血行をよくします。貧血や冷え、肩こりを改善し、からだの水分代謝をよくして余分な水分や老廃物を排出し、むくみの改善にもはたらきます。また、月経痛や腰痛を和らげたり、ホルモンバランスを整えたりするはたらきがあり、月経不順や更年期障害などさまざまな女性の悩みを改善します。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
比較的体力があり、からだがしっかりしている、のぼせやすいのに足は冷える、シミ、赤ら顔がお悩みといった方におすすめです。
血液の循環をよくしてのぼせや冷え、肩こりを改善するとともに、水の代謝をよくして余分な水を取り除くことでめまい、頭重を改善します。また、滞った血流をよくしてお肌の新陳代謝の促進をサポートし、肌あれやシミ、ニキビの改善、生理痛、月経不順、更年期障害といった女性の悩みの改善にはたらきます。

漢方薬を選ぶときのポイントとは

漢方薬は、自然の生薬からできているのでからだにやさしく、あらゆる人に何らかの効果をもたらしますが、重要なポイントは、自分の状態や体質にうまく合った生薬を選んでいるかどうか、という点です。合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が起こることもあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ