無料の会員登録をすると
お気に入りができます

骨盤をキュッと整える!ヨガインストラクター監修。下半身の簡単引き締め習慣

美容

スラっと引き締まった美脚に、キュッと上がったヒップライン。そんな美しい下半身の要となるのが「骨盤」です。骨盤の歪みを整えることで、美容や女性特有の不調の改善などが期待でき、ヘルシーなスタイルが目指せます。今回は、骨盤矯正におすすめのヨガポーズ3選を、ヨガインストラクターの古城美季さんに伺いました。

骨盤の歪みの原因は? どんな影響がある?

photo:pixabay

からだの中心部にあり、上半身と下半身をつなぐ骨盤には重要な役割があります。たとえば、上半身を安定させて姿勢を保持する、脚の動きをサポートする、内臓や生殖器を守るなどです。

また、骨盤は背骨の土台であり、脚の付け根でもあるので、歩行や日常動作といった、からだの動きに深く関係しています。

そのため、日常の姿勢や動作、生活習慣などによって歪みが生じやすく、骨盤の歪みは上半身にも下半身にも、からだの内側にも影響を及ぼすのです。

骨盤が歪む要因

からだを支える要である骨盤は、以下のような要因で歪みを引き起こすとされています。

・長時間の悪い姿勢
・脚を組むクセ
・片足に重心をかけるクセ
・バッグをいつも左右同じ方で持つクセ
・高いヒールを履く習慣
・加齢や運動不足による筋力の低下
・妊娠・出産

このように、日常の動作や姿勢など、無意識の習慣が骨盤の歪みにつながるのです。

骨盤が歪んだままだとどうなる?

骨盤の歪みをそのまま放置すると、からだ全体の歪みにつながり、さまざまな不調を引き起こす原因となります。たとえば、以下のような不調の原因になるとされています。

・背骨の歪み
・猫背や反り腰、巻き肩などの悪い姿勢
・自律神経の乱れ
・血行不良
・リンパの滞り
・代謝の低下
・冷え、むくみ
・便秘
・肩こり、腰痛
・ホルモンバランスの乱れ
・生理痛やPMS(月経前症候群)

骨盤の歪みは日常の姿勢や動作のほか、血流やリンパなどの体内循環にも影響を及ぼし、さまざまな不調を招く原因になるのです。

骨盤の歪みをリセットするヨガポーズ3選

骨盤の歪みをリセットして整え、不調の改善や緩和に役立つヨガポーズを3つご紹介します。骨盤の状態には個人差があるので、ポーズは決して無理をして深めず、深い呼吸が気持ちよくできる状態でキープしましょう。

寝たままできる「4の字のポーズ」

photo:ac-illust

お尻や太ももの外側の筋肉をストレッチしてほぐし、股関節を柔軟にするポーズです。腰のストレッチにもなるので、腰痛緩和の効果も期待できます。

ヨガのやり方

1. 仰向けになり、両ひざを立てます。

2. 右足首を左のももの上に乗せ、数字の4の字のようにします。

3. 脚を少し持ち上げて、両手で左のもも裏をつかみます。このとき、手をまわすのがつらい方は、フェイスタオルを細長くして両手で持ち、タオルをもも裏にあててください。

4. 息を吐きながら、ゆっくりと両手で左ももを手前に引き寄せ、右ひざを前方に押します。このとき、右のお尻が浮かないように気をつけましょう。

5. この動きを3~5呼吸くり返します。反対側も同様に。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ