無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人の上品ベーシックスタイルに!長く使いたい本革ミニバッグ5選

ファッション

マニッシュな雰囲気であり、しなやかで品もあるバッグ。京都の工房「matsew(マットソー)」が展開するアイテムです。1人の職人さんが選び抜いた革や帆布などの素材と、手に馴染んだ道具で丁寧に作り上げています。今回は、軽やかな革のショルダーバッグを5種ご紹介。あなたの相棒となる一品を探してみませんか?

職人が厳選した素材と道具で作る、バッグや小物のブランド

京都に工房をかまえ、革や帆布製品を制作している「matsew(マットソー)」。良い製品を作るために欠かすことのできない、素材(material)・道具(small equipment)・職人(worker)の3つが機能しあうことで、最高の製品を完成させる。そんな想いを込め、それらの言葉を組み合わせたブランド名が付けられています。

ブランドを立ち上げたのは、地元出身の松川敏史(さとし)さん。埼玉県の革職人の教えを受け、京都の帆布鞄店と革鞄店で14年間職人を務めた後に独立を果たしました。鞄職人として培った技術を活かし、経年変化で味わいを増すレザーや風合いのよいキャンバスなどの素材を選び、それぞれに適した道具を駆使しながら制作に励んでいます。

「個性のあるシンプル」をコンセプトにしたバッグや財布などの小物は、素材感やフォルム、そして緻密な仕立てに質の高さが感じられ、確かな存在感があります。

ヴィンテージのようなハードな印象の素材や金具を使用することも多い分、デザインやフォルムはソフトな仕上がりにするよう心掛けているという松川さん。その言葉のとおり、しなやかで品があり、幅広い年齢の方が性別を問わず使えるアイテムが揃っています。

今回ご紹介したいのが、イタリア・トスカーナ地方で植物性の渋を使う伝統的な製法で作られた牛革を主に採用したショルダーバッグ。細かなシワのような凹凸のシボがあり、一つひとつ表情が異なるレザーのバッグは、使い込むほどに柔らさと艶が出て、愛着も増していくアイテムです。

フォルムも素材感も柔らかなファスナー付きバッグ

ふっくらとしたフォルムの「fastener shoulder bag(ファスナーショルダーバッグ)」。芯材を使わずに革そのものを活かしたバッグです。揉み加工も施されていて、手にした当初から体に馴染む柔らかさがあります。
ボディバッグと一般的なショルダーバッグとの中間のサイズで、軽やかな印象ながら、スマートフォンや長財布、手帳、ペットボトルまで入れられて実用的です。

口元は左右どちらからも開閉できるダブルファスナー仕様。内側にはコットンとナイロン混の耐久性と耐摩擦性に優れた裏地が付いています。ファスナーポケットが1つあるので、小物の仕分けもできるのが便利。

カラーはレザーの定番といえるキャメルのようなbrandyのほか、midnight blueやold greenといった深みのある色合いを揃えた5色から選ぶことができます。

fastener shoulder bag
サイズ:W30×H14×D13cm ショルダーベルト108~94cm
カラー:black/midnight blue/cacao/brandy/old green
各49,500円(税込)

フラップ付きがかわいらしいミニショルダーバッグ

曲線を描いたフラップと丸い金具がかわいらしい、封筒のような形の「crew bag(クルーバッグ)」。小さめの財布やスマートフォンなど必要なものだけが入るサイズで、エコバッグを持って近所へ買い物へ、旅先の散歩でというときにちょうどいいバッグです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ