無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いつものヘアケアに+1。オイルを使った美髪ルーティン

ヘアスタイル

効果的な「ヘアオイル」の使い方

いつものヘアケアにプラスしよう

ヘアケアにオイルを愛用している人は多いですよね。数滴でうるおいを与え、髪の毛をまとめてくれるアイテムです。一方で、あまり使いこなせていないという人も多いのではないでしょうか。

オイルは、熱にも強く、ダメージも補修してくれるメリットがあり、色々なシーンで活躍してくれます。今回は、ヘアオイルを使った簡単習慣をご紹介。毎日のルーティンにプラスしてみてくださいね。

1.ヘアセット前に+1。スタイリングによるダメージを防ぐ

髪の毛のブラッシングは、絡まった髪をほどいたり、ほこりや汚れを落とたりと大切な習慣です。一方で、ブラシでの摩擦はダメージの原因に。さらに、ストレートや巻き髪ヘアアイロンを使うという人はより注意する必要があります。

詳細はこちら

そこで使いたいのが、「サロニア スタイリングオイル」です。ヘアアイロンの熱に反応※1し、スタイルがつづく※2、スタイリングのためのオイルです。ツヤツヤしてもベタつかないテクスチャーで、ウエットな質感を出すことができます。

※1 メドウフォームーδ―ラクトン(補修成分)
※2 コメヌカ油、ホホバ種子油、アンズ核油、シア脂(全て保湿成分)

2.日中気になった時に+1。毛先につけてパサつき対策

乾燥が気になるこれからのシーズンは特に意識していきたいのが、日中のケア。冬になると髪が乾燥し、静電気トラブルや毛先のパサつきが気になり、髪が広がってしまうという人も多いのではないでしょうか。
そこで気になった時に毛先にオイルを塗ってあげましょう。

詳細はこちら

おすすめは「DROAS(ドロアス) クレイミネラル ヘアオイル」です。補修力に優れ、広がって扱いにくい髪表面を整えます。ベタつかないテクスチャーも昼間にプラスで使うのには最適。リフレッシュフローラルのいい香りで、気分転換にもなります。

3.髪を乾かす前に+1。タオルドライ〜仕上げまで有効活用

髪の毛を納得のいく状態でキープするには、ドライヤーでダメージを与えないようにすることが大切。そこでも頼れるのがヘアオイルです。

タオルドライをした後、ドライヤーの前には、毛先を中心にオイルを揉み込みます。その後乾かすことで、熱ダメージから守りながら、しっとりまとまる髪に。仕上げにもオイルを使います。うるおいを少し足したい時、まとまりが足りない時になじませましょう。

記事に関するお問い合わせ