無料の会員登録をすると
お気に入りができます

貯蓄と貯金の違いを知りバランス良く行うことで、将来に備えよう

節約・マネー

「楽しみながら生活を豊かに」をコンセプトのウェブマガジン『REISM STYLE』より、生活の中のさりげないワンシーンやアイテムを通して自己表現できる、とっておきの楽しみ方をご紹介いたします。

貯蓄と貯金は、どちらも資産を貯めることを意味する言葉だ。ただし、まったく同じ意味というわけではない。将来に備えた資産形成をする上では、貯蓄をより強く意識する必要があるだろう。
貯金と貯蓄の意味の違いや、貯蓄を増やす具体的な方法について解説する。

貯蓄と貯金の違い

日頃、何気なく使っている貯蓄や貯金といった言葉だが、詳しい意味やニュアンスを知っているだろうか。貯蓄と貯金の意味の違いを知っておこう。

貯蓄:保有資産全体を示す言葉

貯蓄は、ある人の持つ保有資産全体を示す言葉だ。現金のほか、投資信託や株式など、価値が変動する投資商品も含まれる。
辞書では、「財貨をたくわえること。また、その財貨」とされる。
財貨とは、現金や品物などのことだ。資産全般を貯めることや、貯めた資産が「貯蓄」といえるだろう。

貯金:お金を貯めること

貯金は、言葉の通りお金を貯めることを意味する。投資信託や株などは含まれない。
辞書では「金銭をためること。また、その金」とされている。
つまり、貯金は貯蓄の一部ということになる。銀行預金を100万円、投資信託を100万円保有している人の貯蓄は200万円だが、貯金は100万円だ。

なお、ゆうちょ銀行やJAバンクに預けたお金を「貯金」、都市銀行等に預けたお金を「預金」と呼ぶ場合があるが、本記事では預貯金すべてを「貯金」と呼ぶ。

資産形成には貯蓄が重要

「お金がない」「お金を貯めたい」など、資産を築くというと「貯金」に目が行きがちだ。しかし、

実際に資産形成をする上では、貯金よりも貯蓄を意識する必要がある

だろう。貯蓄が重要な理由は、下記の3点が挙げられる。

貯金だけではお金を増やしにくい

2022年現在、大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%と非常に低い。金利の高さをウリにするネット銀行でも、0.2%程度であるため、預金でお金を増やしていくのは困難だと考えられる。

しかし、お金は、運用することで増やせる可能性がある。収入と支出の差額を貯めていくだけでも、積み立てた額を着実に貯めていくことは可能だろう。しかし、それをさらに増やすためには、運用商品を取り入れていかなければならない。

インフレ対策になる

「貯金は元本割れしないため、リスクがない」というのは、あくまでも物価の上昇がないことを前提にした考え方だ。
1万円の貯金が元本割れすることはなくても、10年後の1万円と今の1万円の価値が同じとは限らない。現在、1万円でできていたことが、10年後には2万円ないとできなくなってしまっていた場合、実質的な資産は半減してしまっている。
経済情勢に応じて価値が変動する商品を資産に取り入れることで、インフレが起こった際の影響を受けにくくなるだろう。

資産を分散できる

貯金は、お金という1つの資産だけで構成される。これに対して貯蓄は、お金、株、投資信託など、複数の資産を含む。将来に向けて、どのようなポートフォリオを組むかは考え方次第だが、いずれにせよ、複数種類の資産を持つことでリスク分散ができるだろう。
例えば、インフレが起こって現金の価値が下がっても、株や投資信託、不動産などを持っていれば、その影響を受けづらくなる。反対に、景気が悪化して保有している株の株価が下落しても、当座の生活に困らないだけの現金を持っていれば、慌てずに値上がりを待つことができるといえる。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ