無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お花見は鎌倉で!鎌倉のオススメ桜の名所ベスト10[2019年]

旅行・おでかけ

例年3月も下旬になると、古都鎌倉に桜シーズンが訪れます。風情ある桜が楽しめる「円覚寺」や「鶴岡八幡宮」、みんなでワイワイお花見ができる「源氏山公園」など鎌倉の桜の名所ベスト10と見ごろ時期をご案内します。【2019年最新情報】

執筆者:森川 孝郎

風情ある古都・鎌倉でのお花見を楽しみましょう!

例年3月も下旬になると、古都鎌倉に桜シーズンが訪れます。風情ある古都・鎌倉でのお花見はいかがですか? お寺や神社、歴史ある街並みの中で見る桜は、ひと味違いますよ!

今回は、鎌倉の桜の名所ベスト10をご案内します。鎌倉の桜の見ごろ時期については、記事の最後に記載しました。

鎌倉生まれの桜「玉縄桜」

鶴岡八幡宮の源氏池 美しい桜の「おもてなし」

鎌倉の桜のイチオシスポットは、鶴岡八幡宮境内の源氏池のほとり。境内に入って、参道の右側にあるのが源氏池、左側にあるのが平家池で、あわせて源平池といいます。

源頼朝が鶴岡八幡宮を造営したときに、平家池には、平家の滅亡を願って4つの島(「死」に通じる)を浮かべ、源氏池には、源氏の繁栄を願って3つの島(「産」に通じる)を浮かべたという話も伝わります。

鶴岡八幡宮、源氏池の桜
この源氏池、平家池のほとりに、桜が植えられていますが、特にきれいなのは源氏池のほう。池の水面すれすれに這(は)うようにして咲く、多くの桜が水面に映り、上を見ても下を見ても、桜・桜・桜。この贅沢な光景は、あたかも桜による「おもてなし」を受けているようです。

鶴岡八幡宮の源氏池ほとりでは、桜と牡丹のコラボが楽しめます
桜と同じ頃、源氏池ほとりの「神苑ぼたん庭園」では、牡丹(ぼたん)が花を咲かせますので、こちらもぜひ、立ち寄ってみてください。牡丹と桜の饗宴が楽しめます。

<DATA>
■鶴岡八幡宮
住所:鎌倉市雪ノ下2-1-31
拝観料:境内無料(宝物殿、国宝館、牡丹苑は別料金)
拝観時間:6:00~21:00
アクセス:鎌倉駅東口より徒歩10分
地図 → 鶴岡八幡宮ホームページ

鶴岡八幡宮ホームページ

源氏山公園 鎌倉のお花見スポット

鎌倉でお花見、といえば、源氏山公園。公園内には、約300本の桜が植えられていますが、特にきれいなのは、公園内にまつられている葛原岡神社(くずはらおかじんじゃ)の周辺。広場もあるので、シートを広げてのお花見に最適です。

葛原岡神社参道の桜

源氏山公園の芝生広場はお花見にピッタリ
源氏山公園へは、鎌倉駅西口から住宅地の中を歩いて行くルートのほか、北鎌倉と長谷を結ぶ、大仏・葛原岡ハイキングコースを歩いて行くルートもあるので、ハイキングの途中でお花見するのもオススメです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ