無料の会員登録をすると
お気に入りができます

一度使ってみると手放せなくなる。「取り箸」のはじめ方

ライフスタイル

大皿に盛った料理は、「取り箸」を使うと衛生的でスムーズに料理と取り分けられます。とくに取り箸専用に作られたものは、便利でデザイン性の高いものがたくさん。今回は、食卓を整えるおすすめの取り箸をご紹介します。ぜひ取り入れてみてくださいね♪

akiyon

食卓に「取り箸」のある生活を

Photo by akiyon

普段の食事に「取り箸」は使っていますか? 筆者の場合は、普段使っていない食事用のお箸を使ったり菜箸で代用したり……と、特に専用の取り箸は用意していませんでした。正直「いつものお箸で十分…」とさえ思っていたほど。

しかし今回、取り箸を使ってみたら、そんな概念を覆されました。使い勝手が全くちがうのです。そこで今回は、さまざまなシーンに合うおすすめの取り箸をご紹介します。日本特有の取り箸文化を、ぜひご家庭でも取り入れてみてくださいね♪

「取り箸」の正しい使い方

Photo by akiyon

「取り箸」とは、お皿に盛りつけられた数人分の料理やお菓子を、ひとりひとりのお皿に取り分ける際に使うお箸のこと。お店でも、大皿料理に添えられていることが多いですよね。

取り分けて食べるときには、やはり自分のお箸をそのまま使うのはNG。お箸をひっくり返して、手に持っていた方を使うのも「逆さ箸」としてマナーに反します。なるべく取り分け用のお箸やサーバーを使って、気持ちよく食事を楽しみましょう♪

実は「取り箸」を使うのは、直箸をよくないものとする日本ならではのマナー。懐石料理の盛り皿には取り箸が渡してあり、各人がお皿を手元に引き寄せて自分の分を取り分けます。お箸の両側が使えるようになっていて、魚と精進料理が別々に取り分けられるところが合理的なんですよ。

そんな懐石料理のマナーにならって、家庭でも取り箸をスマートに使えたらすてきですよね。普段の家庭料理でも、お料理を盛ったお皿にさりげなく取り箸を添えてみましょう。自然と各々が好きなときに取り分けて、会話もはずむ和気あいあいとした時間を過ごせそうですよ♪

おすすめの「取り箸」をご紹介

Photo by akiyon

取箸 利休布衣 1,836円(税込)

今回はおすすめの取り箸を、「箸蔵まつかん」の商品からご紹介します。「箸蔵まつかん」はお箸の専門メーカー。日本人の暮らしに欠かせないお箸を良質な素材で、ていねいに作っています。バリエーションが豊富なので、いろいろなシチュエーションで役立つお箸が、必ず見つかりますよ。

まず、はじめに手に入れたい取り箸は、両端使えるタイプのもの。長さが30cmあるので、大きなお皿に渡すことができ、中央部分についている滑り止めも手によくなじみます。先端部分がほどよい細さで、お料理をスムーズに取り分けられますよ♪

Photo by akiyon

取箸 スス竹利休中節 2,700円(税込)

竹素材で作られた取り箸は、丈夫で、手で握るときの"あたり"が心地よいのが特徴。華奢なフォルムがスタイリッシュで、すっとお皿に渡すだけでテーブルもシックにまとまります。

こちらの取り箸も両端が細くなっていて、どちら側でもつまめる構造。味の違うものが盛り合わせられていても、わざわざ2本の取り箸を用意しなくてもすみますよね♪

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ