無料の会員登録をすると
お気に入りができます

高級食パンの本場・大阪発「侍ぱん」が東京初上陸!もっちりみっちりの“超加水食パン”とは?

高級食パンブームが続くパン業界に、新星が登場!2018年末に東京・西麻布の住宅街にひっそりとオープンした高級食パン専門店、その名も「侍ぱん次郎左衛門」が、地元のマダムたちの間で評判になっています。こちらで販売している“超加水食パン”とはどんなものなのか、その製法やこだわりについて、実食レポートします!

グルメ

一度聞いたら忘れられない!?インパクトありすぎる高級食パン専門店/侍ぱん次郎左衛門 西麻布店

2018年12月13日にオープンした食パン専門店「侍ぱん次郎左衛門 西麻布店」。同日に新宿店もオープンしていますが、西麻布店は東京本店という位置づけで、西麻布の閑静な住宅街に佇んでいます。

本店は2018年1月22日に大阪でオープンし、現在では大阪と東京で合わせて3店舗を展開中。

西麻布店の最寄駅は、外苑前、乃木坂、六本木と3駅ありますが、どこも歩いて15分くらいなので、歩きやすい靴でおでかけするのが良さそう。一番アクセスに便利なのは、渋谷駅51番乗り場から出ている都営バス。西麻布の停留所で降車すると、徒歩3分くらいで到着します。

ユニークな店名の由来は、江戸時代後期に実在した伊豆韮山(にらやま)代官の「江川太郎左衛門」という人物にちなんだものだそう。なんと、日本で初めて本格的なパンを焼き上げた人で、当時の人々に大人気になったのだとか。同店では、「太郎左衛門」の弟子になった気持ちで、「次郎左衛門」と名乗っているそうです。

こぢんまりとした店内は2~3人も入ればいっぱいで、レジテーブルとパンが並ぶ棚があるのみというシンプルさ。スタッフさんの仕事着も作務衣のようなデザインで、お店のイメージにピッタリな和の雰囲気です。

取り扱うパンは、店名を冠した食パン「侍ぱん」のみという潔さ。3斤1,200円と1.5斤600円の2種類を販売しています。商品は、江戸川区にある工場で焼き上げられたものが入荷しますが、日によっては、ほとんどが予約だけで売り切れてしまうのだそう。

取材に伺ったのは日曜日の午後イチでしたが、こちらの棚にある予約分以外はすでに完売という状態。当日買いに来られたこの界隈のマダムらしき人は、残念そうに店を後にしていました。

といっても、予約なしで買える日もあり、今のところ売行きは読めないそうなので、確実に入手したい場合は予約するのがオススメです!予約は当日でも構いませんが、当日は売り切れていることがあるので、1~2日前までに電話または公式サイトで予約を。個数制限はありません。

写真は1.5斤サイズの「侍ぱん」。食パンには店名入りの黒い帯がかけられており、クールな印象。ショッパーも黒なので、ちょっとしたお土産にも良さそうですね。

さて、看板商品の「侍ぱん」ですが、もちろん、こだわりもかなりのもの。

最大の特徴は“超加水”という製法で、水の加水率が高いことです。通常の製法だと食パンに含まれる水分量は55~60%のところ、こちらでは65~70%と多め。加水量が多くなるほど焼成(しょうせい)の難易度は上がるのですが、パン自体はふっくらモチモチとした食感になるそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ