無料の会員登録をすると
お気に入りができます

GWは満開の「藤の花」を見に行こう!紫のカーテンが美しい東京の藤の名所&藤まつり7選

旅行・おでかけ

【1】亀戸天神社(亀戸)/“東京一”と言われる藤の名所!見頃には「藤まつり」も開催

「東京一の藤の名所」として親しまれているのが、50株以上のノダフジが植えられている「亀戸天神社」です。

江戸時代、亀戸は湿地だったため、初代宮司が水を好む藤を社殿に植えたのが始まりだそう。それ以来、亀戸天神社の藤は江戸の名所として親しまれ、五代将軍・綱吉公、八代将軍・吉宗公が訪れたことも。多くの浮世絵などの題材にも取り入れられています。

4月下旬頃に見頃を迎える藤の花に合わせて、2019年4月13日(土)~5月6日(月・振休)には「藤まつり」を開催。昼間は青空に映える藤の花を、夜は静寂の中で明かりに照らされる藤の花を眺めることができます。藤の向こうには、ライトアップされた「東京スカイツリー」も。ロマンチックな夜デートを楽しめますよ♡

期間中は、茶会をはじめ、伝統芸能の奉納や猿まわし公演、琴や津軽三味線の演奏、さらにはヒップホップダンスまで盛りだくさんのイベントが開催されるほか、露店も数多く出店します。

“東京一”といわれる藤の花だけでなく、にぎわいを増す下町の情緒も味わってみてくださいね。

亀戸天神社「藤まつり」

開催場所:亀戸天神社

亀戸天神社

開催日時:2019年4月13日(土)〜5月6日(月・振休)
入場料:無料
電話番号:03-3681-0010
最寄駅:亀戸、錦糸町

【2】國領神社(調布)/藤棚一面に広がる「千年乃藤」が見事!GWには藤まつりも

調布市にある「國領(こくりょう)神社」は、万物生命の生成やその生成力で復活と再生をつかさどる「神産巣日神(かみむすひのかみ)」を祀る神社です。國領神社(第六天社)と神明社(八雲神明社・杉森神明社)という二つの神社が一つになり、明治8年に現在の國領神社となりました。

國領神社の御神木となっているのが、樹齢約400~500年といわれる「千年乃藤」。藤棚は高さ約4m、面積約400平方メートルあり、棚一面に藤の枝が広がっています。4月中旬頃から開花し、ゴールデンウィーク頃に一番の見頃を迎えるそうですよ。

2019年4月28日(日)・29日(月・祝)には「国領千年乃藤まつり」が開催されます。日本舞踊やバレエ、ヒップホップといった踊りに加えて、サックスやトロンボーンなどの楽器の演奏、ミュージカルなどの多種多様なパフォーマンス、藤をイメージした藤まつり限定のお酒の販売や屋台の出店などもあります。

満開の藤の下で彼と一緒にお酒を一杯、そんなひと時を過ごすのも良いですね♪

国領千年乃藤まつり
開催場所:國領神社

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ