無料の会員登録をすると
お気に入りができます

春!新生活のお弁当作りを強力アシスト!タコライスも困った時の一品も!豚そぼろであっという間

レシピ

広島の器屋「LOUTO」の田中雪絵です。春、新生活のスタートを機にお弁当作りにチャレンジって方も多いのではないでしょうか?私も毎日、お弁当を作っていますが、毎日いろんな味を楽しみたいもの。そんな時、重宝しているのが、この豚そぼろ。これさえあれば、その日の気分でアレンジもあっという間!頼りになります。

作っておくと超便利!塩豚そぼろ

ハムとか竹輪とか、火を使わず、そのまま食べられる素材が冷蔵庫にあると重宝しますよね。

この「塩豚そぼろ」もそんなイメージ。豚ひき肉も「塩豚そぼろ」にしておけば、あとはご飯にかけたり、和え物に使ったり、チャーハンやラーメン、パスタの具にしたり。お弁当に限らず、使い道は、自由自在、無限なんです。

ここで何よりのポイントは、「塩味」。

毎日、お天気も気分も体調も変わって、食べたい味も、その日によっていろいろ。甘辛しょうゆ気分の日も、カレー気分、ピリ辛味噌気分の日だってありますよね。その日にならないと、分かりません。

最初の味付けを、軽い塩味に留めておけば、後の味の足し算は、その日の気分次第でどうとでも。どんな味のベースだってまかせられる、オールマイティな軽めの塩味にしておくのがおすすめです。

材料

・豚ひき肉…300g
・ニンニク(みじん切り)…小さじ1/2
・生姜(みじん切り)…小さじ1/2
・きび砂糖…小さじ1/4
・塩…小さじ1/2

作り方

① あたためたフライパンに豚ひき肉を広げ、焼きつけます。豚から油が出てくるので、ここでは油は入れません。色が変わったら、返します。私はお肉の食べ応えも欲しいので、あまりパラパラに炒めませんが、お好みで加減してくださいね。

② 豚から油が出てきたら、みじん切りにしたニンニク、生姜を加え、弱めの火にして香りが出てくるまでじっくり炒めます。

③ 砂糖を入れてざっと炒め、最後に塩で味を整えたらできあがり。

塩豚そぼろから、甘辛しょうゆの豚そぼろ弁当

塩豚そぼろには火が入っているので、あとは調味料をからめるだけ。あっという間にご飯の進む甘辛しょうゆ味の豚そぼろができあがります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ