無料の会員登録をすると
お気に入りができます

待ってました!約3年ぶりに再オープンした、あの美術館が楽しい~!新作アートにレストランも大充実♪

2019年3月29日、改修工事のため3年ほど休館していた「東京都現代美術館」が遂にリニューアル・オープン!新しい飲食店が入った他、所蔵作品が400点も増えました。新しくなった部分や開催中の展覧会を紹介し、アートを楽しむ優雅なひとときをご提案します。

旅行・おでかけ

約3年ぶりに帰って来たアートスポット/東京都現代美術館

東京メトロ・清澄白河駅のB2出口から徒歩約10分。木場公園の一角にある東京都現代美術館のメインエントランスに到着です。1995年3月にオープンした現代アート専門の美術館で、5,400点もの作品を所蔵しています。

約3年間の改修工事を経て、2019年3月29日にリニューアル・オープン。天井の耐震性の向上、照明のLED化、エレベーターや多目的トイレの増設などが行われた他、中庭などパブリックスペースの整備、作品の修復等が実施されました。

長いエントランスホールや、特徴的なV字型の柱と丸い穴が無数に開いた壁は、以前のまま。差し込む光が、床に美しい模様を作り出します。
変わったのは什器。サインボードやチケットカウンターは木製、丸いベンチはコルク製となり、前より軽やかな印象になりました。

木場公園に面したパークサイドエントランス付近も椅子やテーブルが設置され、公園の続きのように館内に入れるように。

今回のリニューアル・オープンを記念して、2019年6月16日(日)まで大規模な2つの展覧会を同時開催中。まずは「MOTコレクション ただいま / はじめまして」(2019年6月16日まで)をのぞいてみましょう。

コレクション展「MOTコレクション ただいま / はじめまして」

アルナルド・ポモドーロ《太陽のジャイロスコープ》1988年

コレクション展示室に入ってすぐにあるのは、総重量約5トンという巨大な彫刻作品。以前は屋外に設置されていた「太陽のジャイロスコープ」です。修復されてブロンズ本来の輝きを取り戻した同作品は、初めての人はもちろん、知っている人にも大きなインパクトを与えるはず。

マーク・マンダース《黄色のコンポジション》2017 - 2018年

新たに約400点の作品が加わったことを踏まえ、今年度のコレクション展では新収蔵作品を中心に紹介。第一弾となる「MOTコレクション ただいま / はじめまして」では、主に2010 年代に制作された作品にスポットを当て、作家ごとに楽しめるようになっています。その一部をご紹介しましょう。

今にも崩れそうに見えるマーク・マンダースの作品は、実はブロンズ製。作家本人が設営したという、ビニールシートに覆われた空間もユニークです。

サレ・フセイン《アラブ党》2013年

写真資料をもとに描かれたモノクロームの「アラブ党」は、100点のカンヴァスから成る作品。アラブ系インドネシア人の独立運動の歴史をテーマにしているんだそう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ