無料の会員登録をすると
お気に入りができます

待ってました!約3年ぶりに再オープンした、あの美術館が楽しい~!新作アートにレストランも大充実♪

旅行・おでかけ

⼤葉の⾹りが爽やかな「フィッシュフライサンド」(580円/税抜)などの定番メニューに加え、⽇替わりサンドイッチを多くラインナップ。自家製カスタードとフルーツを挟んだクロワッサンサンドもありますよ。

「自家製いちごミルク」(620円/税抜)などの自家製フルーツコンポートを使ったオリジナルドリンクをはじめ、、コーヒー、紅茶、ビールなどドリンクも豊富にそろっています。

天気がいい日はテイクアウトにして、店から出られる中庭でいただくのも良さそう。パンフレットを見ながら作品の余韻に浸るのもステキな時間です。

カフェ&ラウンジのテラスと中庭は、らせん階段で行き来が可能。1階のミュージアムショップともつながっています。

もう1つの展覧会をのぞく前に、ミュージアムショップ「NADiff contemporary(ナディッフ コンテンポラリィ)」へ寄ってみましょう。こちらでは、アーティストたちの画集やグッズ、現代アートらしいユニークなものを販売。かわいい文具やアクセサリーに、思わず目移りしそう。

清澄白河にアトリエを構えるレザーブランド「i ro se」の商品も取り扱っています。革小物らしからぬ蛍光イエローは、ここでしか手に入れられないオリジナルカラーです。

人気の商品は、同館のロゴが入ったキーホルダーとマグネット。豊富なカラーバリエーションが魅力です。スタッフが着けている、ファッションブランド「PUGMENT」のエプロンも限定数で販売されていますよ。

企画展「百年の編み手たち―流動する日本の近現代美術―」

中原實の作品をまとめて展示しているスペース

企画展「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」では、企画展示室3フロアすべてを使い、1910年代から現在までの実験精神あふれる作品を紹介。順路通りに見て行くだけで、現代アートの勉強になります。

岸田劉生、横尾忠則、村上隆など有名作家の作品をはじめ、昭和初期の東京を描いた「新東京百景」など版画も豊富。企画展ではありますが、実は400点を超える出品作のほぼすべてが同館の所蔵品で、もう一つのコレクション展とも言うべき内容です。

企画展示室には巨大な吹き抜け空間があり、地下2階に展示されている作品を、上から楽しむこともできますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ