無料の会員登録をすると
お気に入りができます

玉森裕太×染谷将太インタビュー 108分間の新感覚ミステリー! 2つの世界に隠された真実の愛とは?

長らく「映像化不可能」と言われてきた、東野圭吾のベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」が、ついに待望の映画化。複雑に絡まり合う感情のもつれを、繊細に演じ抜いた玉森さんと染谷さんに撮影中のエピソードや作品の見どころを伺いました。

2019年5月
カルチャー

「パラレルワールド・ラブストーリー」が待望の映画化

主人公・崇史を演じるのは4年ぶりの映画主演を務めるKis-My-Ft2の玉森裕太さん!

©︎2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©︎東野圭吾/講談社

長らく「映像化不可能」と言われてきた、東野圭吾のベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」が、ついに待望の映画化。主人公・崇史を演じるのは4年ぶりの映画主演を務めるKis-My-Ft2の玉森裕太さん。崇史の親友・智彦には、実力派俳優の染谷将太さん、二つの世界をつなぐ鍵となる女性・麻由子はブレイク女優の吉岡里帆さんが演じて話題を呼んでいる今作。複雑に絡まり合う感情のもつれを、繊細に演じ抜いた玉森さんと染谷さんに撮影中のエピソードや作品の見どころを伺いました。

©︎2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©︎東野圭吾/講談社

ー今回の作品の脚本と原作を読んで、役柄に対して事前にどういうイメージを持って撮影に臨まれましたか?

©︎2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©︎東野圭吾/講談社

玉森:もう本当に惑わされるというか、どっちが今起きている世界なんだろうと。読んでいて僕自身が崇史と一緒に迷ってゴールを探しているような感覚を持ちました。もやもやしたり、こういうことは実際に起きるかもしれないなとか、こういうことがあったら嫌だなぁとか......いろいろ自分の日常に置き換えてみながら原作を読ませていただきました。

僕が演じた崇史は、最初は嫌な奴という印象を受けたんですけど、常に麻由子への気持ちがあって、本当はピュアな人間なんだなと思っています。僕自身はなかなか真似はできないですけど、ああ絶対にこういう人もいるだろうな、ということも感じました。

染谷:僕も同じく惑わされました。謎解きと言っても別に誰か死ぬわけでもなく、殺人事件が起きるわけでもなくて、人間のさまざまな感情の間で行なわれる謎解きなんですよね。ただパズルがハマるだけでなく感情が伴うところにドキドキさせられました。

やっぱり謎解きって説得力がないとお客さんが置いてきぼりになってしまうなと思いました。お客さんが映画を観ている最中にストーリーに引き込まれないと、全然おもしろくないじゃないですか。なので、崇史の親友である智彦を演じるにあたって、(智彦の存在は)ストーリーに説得力を持たせるという責任を感じていました。

ー森(義隆)監督の演出がかなりハードだったと伺ったのですが、撮影現場の雰囲気はどんな感じでしたか?

玉森:賑やかな現場ではなかったのと、話が話なだけに、すごく緊張感のある現場だなぁと思っていました。森監督は、自分に妥協もしないですし、時には役者を追い込んでくれますし、僕は「いいな、こういう現場好きかも」と感じていました。追い込まれて辛いというよりは、若干気持ちいい、くらいに思っていたかもしれないですね。監督から「撮影がない日も役を忘れてほしくない、ずっと崇史を意識していてほしい」と言われて、撮影期間中はずっと自分の中のどこかに常に崇史がいるようにするため、友達と会うのもやめていました。でも全然平気でしたよ。自分が追い込まれている環境を楽しむこともできていたし、作品にかける思いもあったので。

染谷:僕はもう「森メソッド」と呼んでいるんですけど(笑)、最初の役作りの段階からいっぱい資料もいただきました。これを見に行ってほしいとか、この人と会ってほしいとか、そういうリクエストも全部監督がセッティングしてくれていたんです。現場でも監督がずっと緊張感を保っているので、現場全体も、我々役者陣も緊張感を持って作品に参加していました。あと、森監督は役者の演技が全然足りていなかったら、そうおっしゃいますし、割と自分は説明的なセリフが多かったんですけど、「今のじゃ全然見えてこない」「全然説得力がない」とか、「もっと自分で話しているセリフを客観的に見ながらちゃんと伝えてくれ」とか...1ヶ月半学校に通ったような気分で、すごくいい経験でした。

©︎2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©︎東野圭吾/講談社

玉森:僕は実際研究所に行って、崇史がやっている仕事を生で見学させていただいたり、教授の方に会いに行って、実際にどこまで技術が発展しているのかとか、何ができて何ができないとか、そういうリアルなお話を聞かせてもらったりしました。やっぱり研究者たちの作るものってすごいなと思いましたし、考えていることが僕じゃ思いつかないような、そこを攻めるんだ、とか、研究者ならではの考え方だったりを感じ取らせていただきました。

染谷:僕も智彦が働く研究所のモデルとなった会社を見せていただき、研究者の方にも会わせていただきました。森監督は、ただ会ってこいじゃなくて、ちゃんとそこでこういうことを感じてほしいという意図を教えてくださったんですね。研究を進めていく上で、研究者のメンタルがどうなっていくのか。具体的に質問を用意してくださっていて、それを聞いたり、あとは「現象を理解してからじゃないとセリフに説得力がないから」と、智彦が発するセリフに伴ってくるような本を渡してくださったりもしました。

ー初共演での印象はどうでしたか?

玉森:二人で初めて撮影するシーンが、親友との関係で一番大事だと思われるシーンからだったんですけど、すごくいい緊張感だったんです。まだ染谷さんとはそんなにコミュニケーションをたくさん取っていたわけでもなかったけど、喧嘩みたいなぶつかり合いのシーンで......。なんかゾワゾワしながらやってましたね。うわぁ、染谷くんがいるって思いながら。自分の中ではいい緊張感で、でもそれは染谷さんのおかげでもあるし、ありがとうございます。

染谷:玉森さんは、ずっと役柄に没入されていて、途切れる瞬間がなかったんですよね。現場で一度もそれを感じたことはなくて、まぁ唯一「今日のお弁当は何かな」というときくらいですかね(笑)。現場では、ずっと一直線に崇史という役を貫いていらっしゃったので、そうしてもらえたおかげで自分もカメラ前に立つときに心地よくお芝居させてもらえたことを、感謝しています。

ー共演前に持っていたイメージはどんな印象だったんですか?

玉森:僕は一視聴者として、まさか染谷さんと一緒にお芝居ができると思っていなかったので、嬉しい半面、「すごいプレッシャーだ、頑張んなきゃ!」って思いましたね。

染谷:玉森さんは、僕が抱いていた印象通り、とてもクールでした。玉森さんはご多忙なのはありますけど、撮影中どんどん痩せていったのが自分には崇史の役に没入していっているようにしか見えなかったので、それはしびれましたね。でも、すごく何でも受け入れてくれる方というか、人に安心感を与える方だなと思いまして、現場は緊張感ありますけど、玉森さんがいるから、いい安心感がある上でみんなが一緒にやれていたような気がしますね。

©︎2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©︎東野圭吾/講談社

ー「パラレルワールド」というタイトルの通り、2つの世界を行き来する物語ですが、撮影中の切り替えはどのように意識して演じていましたか?

玉森:2つの世界では、その映像の質感なども微妙に変わっているんです。2つの世界での差が崇史は大きいですが、変化が少しずつ起きていくところはなるべく順撮りになっていたりしたので、そんなに切り替えに悩むこともなかったと思います。

染谷:僕は、智彦がいる世界といない世界という構成だったので、わりとシンプルでした。なので、自分がいる世界に集中して生きるようにして、ラストにつながっていくという感じですね。

ー崇史は、麻由子と恋人同士の世界と、麻由子が親友の彼女である世界がパラレルに進行していきますが、演じている上でその差をはっきりさせるために工夫していたことはありますか?

玉森:片方の世界では、ずっと自分や周囲を疑っていて、普通の精神状態ではいられないので、そっちの世界のときは、ただただ辛いなぁって思いながら演じていました。ただ、結局はどちらもまだ気づいていない自分なんじゃないかなと。純粋に、どちらの崇史も麻由子への愛が一番にはあるので。そこを核にしながら役を作り上げていきました。

ーラブストーリーという側面で、それぞれの演じられた役柄で麻由子に対しての愛情表現で意識していたことを教えていただけますか?

玉森:崇史は、終始シンプルに、ストレートに麻由子に愛情を伝えていたと思います。それで周りが見えなくなっているところもある。でも、どちらの世界でも麻由子への想いが一番にあったので、ちゃんとストレートに伝えようという気持ちではありました。

染谷:智彦は、麻由子のことが好きなんですけど、ただ麻由子が好きというだけで彼女に向かっていったら、崇史と智彦が喧嘩するだけの話になってしまう(笑)。智彦はもちろん麻由子のことは好きなんですけど、彼の場合、一番は崇史という感じで、どちらかと言うと麻由子への愛情というよりか、崇史への愛情をどう出していくかというところが肝心だったと思っています。

©︎2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©︎東野圭吾/講談社

ー二人は親友でありながら、同じ女性を愛し、仕事でもライバル関係の難しい役どころでした 。友情や嫉妬など二人の関係性はどのように演技で表現していったのですか?

玉森:親友とは何か、どういうふうに感じているのかというのは、監督も含めて3人でたくさん話し合いました。そんなに多くを語らなくても、親友という存在がいるだけでお互いをうまく支え合えているというか、昨日今日の関係じゃない昔からの仲なので、近くにいて自然で、当たり前に近い、そんな感覚で僕は崇史と智彦の関係性を捉えていましたね。

染谷:親友という概念や、考え方をみんなで共有して把握しておくことが重要でした。そこが核になっているストーリーでもあるので、演じる上で大事にしていました。あまり多くを語らなくても、ただ居るだけで成立して、お互いを補い合っているという関係性。それを核に持って演じようと思っていました。

ー親友という関係の中に、麻由子という存在が絡み出すことで、妬みや変化が出てくると思うんですけど、もし、玉森さんと染谷さんが親友と同じ人を好きになったらどうしますか?

玉森:自分だったら、すぐ身を引きます。なるべく平和でいたいんで。実際に考えたら、親友の彼女を奪うってすごく勇気のいることだなと思うし、それ以上に愛があったからかもしれないですけど、僕はそこまでその女性に気持ちを持っていけないと思います。そう考えると、崇史の気持ちは本気だし、純粋だなって思いますよね。

染谷:そうですね。僕も面倒はなるべく避けたいんで。なるべく平和に過ごしたいですよね。親友が好きな人を、好きにならないですね。でもこの話は好きになっちゃった人の物語ですからね。一体、ピュアとは何なのか、みたいな哲学めいた話にもなってきますよね……(笑)。

玉森:今まで見たことのないタイプのラブストーリーだと思いますし、いろんな要素も入っていて、お話も複雑ですから、繰り返し映画を観たいと思ってもらえたら嬉しいです。二度目は、一人一人のセリフの意味とか、細かなところに注目して観ていただけると、また見え方も違って、より楽しめるんじゃないかなと思います。

『パラレルワールド・ラブストーリー』

5月31日(金)全国ロードショー!

STORY

ある日突然、崇史(玉森裕太)が迷い込んでしまった2つの世界。1つの世界は、愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。しかし、もう1つの世界では麻由子が親友の智彦(染谷将太)の恋人に・・・。混乱する崇史の前に現れる、2つの世界をつなぐ謎の暗号。目が覚めるたびに変わる世界で、真実にたどり着けるのか?

出演:玉森裕太 、吉岡里帆、染谷将太、筒井道隆、美村里江、清水尋也、水間ロン、石田ニコル、田口トモロヲ
原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」(講談社文庫)
監督:森義隆 脚本:一雫ライオン 音楽:安川午朗
主題歌:宇多田ヒカル「嫉妬されるべき人生」(Epic Records Japan)
製作幹事:松竹・日本テレビ  企画・配給:松竹
©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©東野圭吾/講談社

「パラレルワールド・ラブストーリー」公式サイト

LOCARI読者5名様に『パラレルワールド・ラブストーリー』パラレルメモ帳をプレゼント!

①応募方法
LOCARI公式Instagramにて対象記事「映画『パラレルワールド・ラブストーリー』メモ帳プレゼント♡」のコメント欄に、「パラレルワールド」と記入すれば応募完了です。

※お1人様あたり、1投稿につき1エントリーに限らせていただきます。

②応募期間
2019年5月17日(金)~ 2019年5月23日(木)23:59
(それ以降のお申し込みは受け付けません)

③応募条件
Instagramアカウントをお持ちの方で、日本在住の方。
(主催者は対象のお客さまの適格性について確認させていただく権利を有します)

④当選発表について
厳正なる抽選により当選者を決定いたします。

当選者の方には、LOCARIの公式Instagramアカウントより、DM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡差し上げます。その際、商品発送のため氏名・住所等をお伺いいたします。DMを当選発表とかえさせていただきます。

※商品の発送は日本国内に限ります。

⑤注意・ご案内
※本企画はLOCARIが主催し、Instagramとは一切関係がありません。

※応募方法や注意点が本記事の一部に含まれています。申し込みをもって、この応募規約を承諾したとみなされます。

記事に関するお問い合わせ