無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「キスからはじまる恋愛」がアリな理由

恋愛・結婚

なんとも思ってなかった男友達にキスされた。そしたらなんだか好きになった気がする……。キスしたら好きになるものなのでしょうか? もしかして、おかしい? キスからはじまる恋愛はアリなのでしょうか? 心理カウンセラーの小日向るり子さんに詳しく教えてもらいました。

小日向るり子

まだ付き合っていないのに、なんとなくキスしてしまった日から彼のことが気になって仕方がない、突然キスされてから彼を好きになった気がするけど気のせい? などなど。

キスからはじまる恋愛についてはみなさん、いろいろと気になってしまうようです。

今回は「キス」と「好き」の関係を男女別に心理分析してみます。さらに、キスからはじまる恋愛は長続きするのかという持続可能性についてまで考えてみたいと思います。

「キスしたら好きになる」のは普通のこと?

そもそもの前提として、キスは相手に好意がなければしません。

エドワード・ホールというアメリカの学者が提唱した「パーソナルスペース(※)」という概念があります。※それ以上近づくと不快になるという個々のまわりにある空間領域のこと。

それによると、自分の半径0.45m以内に相手が入ってきても不快と感じない場合、その関係性は恋人レベルなのだそうです。

キスは近づくどころではありませんよね。つまり、キスをされた、受け入れた、という事実は基本的には「お互いに好意はある」と捉えてよいといえます。

逆に、キスされそうになって慌てて身を引いてしまったら、それは相手を生理的に受け付けられないということになります。

キスには人を好きにさせる効果があるの?

「なんとも思っていなかった男性からキスをされたらなんだか好きになった」という心理ですが、これは普通のことです。

精神分析医として有名なフロイトは「人間が最初に経験する快楽の源は口である」と提唱しました。赤ちゃんのときに母乳やミルクを口で吸って飲みますよね。生きるための栄養をすべて受ける口からの快楽は「愛と安心」を意味するのです。

そしてもうひとつ。唇は感覚に関連する脳の大部分を刺激するため、キスをすると快楽ホルモンが活性化されて性的な快楽を感じます。

つまりキスは「愛と安全」という肯定的な感情と「快楽」を与えてくれるわけです。キスされた相手に感情が動くのは当然といえますね。

キスの効果に男女差はある?

唇は安心や快感を覚える部位であるということや、好意がある人だからこそ「キスしたい」という気持ちになるということにおいては男女の差はありません。

ただ、キスによって性的欲求が高まるのは男性のほうが強いです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ