無料の会員登録をすると
お気に入りができます

個性的な「手土産」で差をつける!清澄白河のチョコレート専門店でアートすぎるチョコや季節限定パフェを食べてきた

旅行・おでかけ

話題のコーヒーショップが続々とオープンし、すっかりおしゃれカフェの聖地となった清澄白河。この地に、知る人ぞ知るこだわりのチョコレート専門店「アーティチョークチョコレート」があることをご存知ですか?ボンボンショコラなど本格派はもちろん、遊び心を加えたアートなチョコや季節限定のパフェも大人気なんです。清澄白河散策の合間に、一人のんびり味わってみてはいかが?

オリジナルの味を追求!ビーントゥバー専門店/アーティチョークチョコレート

清澄白河駅から徒歩約10分、閑静な住宅街に佇むチョコレート専門店「アーティチョークチョコレート」。まるでギャラリーのようなモダンな外観が目印です。

「昔からあるものやモノづくりを大切していて、下町の雰囲気が感じられるこのエリアが気に入ったんです。近年は人気のコーヒーショップがオープンして注目されていますが、それ以外の魅力も伝えられたら」と、オーナーショコラティエの宮下雄樹さん。

ドアを開けると目に飛び込んでくるのは、チョコレート専門店では珍しいオープンスタイルのカウンターキッチン。

こちらでは、カカオ豆からチョコレートを作る“ビーントゥバー”にこだわっており、販売するチョコレートはすべて店内で手作りされています。

チョコレートの芳醇で甘美な香りに包み込まれながら、ショコラティエの鮮やかなテクニックを目の前で見られるのは、なんとも贅沢な気分にさせてくれます♪

もともとパティシエだった宮下さんがチョコレートに魅せられたのは、カカオ豆という素材の奥深さを知ったから。「土壌や作り方、気候の違いで、毎年同じものは出来あがらないんです。人間の意志でコントロールできないところが面白いと思いました」と語ります。

そうしてチョコレート作りにのめり込んだ宮下さんでしたが、思わぬところで壁にぶつかりました。「チョコレートって、たいてい大手メーカーさんのクーベルチュールチョコレートを使うんですよ。そうするとレシピの違いはあれど、結局どれも同じ味に思えて・・・」

自分らしいチョコレートを求めて海外を放浪していたときに出合ったのが、カカオ豆を焙煎するところから自分で手がけてチョコレートを作る“ビーントゥバー”。

納得できる答えを見つけた宮下さんは、2015年に自分のお店をオープンしました。

食べるのがもったいない!?アートなチョコや本格派のチョコがずらり♪

内装も宮下さんらしいこだわりが満載!都会的でクールな印象のコンクリートの店内は、温かみのある木製のインテリアでまとめられており、宮下さんが集めた海外のアンティーク食器が彩りを添えています。

イートインスペースでは、季節限定のパフェやチョコレートドリンクをいただくこともできるので、お散歩途中のカフェスポットとしても大活躍しそうです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ