無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カラーボックスで「簡単DIYアレンジ5」収納もインテリア家具も自由自在!

DIY

こんにちは、ヨムーノライターのsumire hayamaです。

DIYに挑戦したいと思っても、一から全部手作りするのは初心者さんには難しいですよね。

そこで、DIY初心者さんにおすすめしたいのは、ずばり「カラーボックス」を素材として使うこと。手頃な値段で買えるカラーボックスは、家の中のちょっとした収納棚としても大活躍します!

今回は、そんなカラーボックスのアレンジ方法を紹介します。

100均グッズをフル活用「脚付きキャビネット」

最近では、カラーボックスの大きさにぴったりと合わせられる扉や、インナーボックスが豊富に揃うようになってきました。スケルトンタイプの扉を埋め込めば、おしゃれな「見せる収納」も気軽に楽しめますよ!低めに仕上げたキャビネットは、背丈の低いソファーと合わせて配置するとインテリア的に◎

ストライプシールがアクセント!「ベビー用クローゼット」

小物が増えがちな子ども部屋や、頂き物が増える出産時期にぴったりのDIY収納棚♪コンパクトなサイズの収納棚なら、模様替えも気軽に楽しめそうですね。

手軽に使えるベビー用クローゼットを探している方は、思い切ってDIYにチャレンジすると思い出作りにもなりそうです。

中身を見せたくない方におすすめ「扉付きのカラーボックス」

収納した物を見せたくない方には、扉付きタイプがおすすめです。

カラーボックスの前面に扉を取り付けるだけで、ホコリよけの効果もぐっと高まります。さらに天板を張って仕上げれば、安定感が増してしっかりとしたDIY収納ボックスに♪

玄関で大活躍!「収納付きDIYベンチ」

小さな子どもがいる場合、玄関での身支度に手間がかかることもありますよね。

そんな時は、玄関用のDIYベンチが大活躍します。カラーボックスの収納スペースには、子どもの外遊び道具を入れると、散らかりがちな玄関もすっきりとした印象になりますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ