無料の会員登録をすると
お気に入りができます

1,200円の食パンが飛ぶように売れる!高級食パン専門店「あずき」が大人気なワケを探ってきた

グルメ

人気タウン・二子玉川にある「高級食パン専門店 あずき」は、“新しいのに懐かしい”がコンセプトの絶品食パンに出合える名店。「食パン好きは知らないと損!」とウワサが広がり、ハマる人が続出しているのだとか。そこで今回、そんな「あずき」の食パンを徹底レポート!人気のヒミツを隅々まで探ってきました♪

“和”にこだわった日本人のための新しい食パン/高級食パン専門店 あずき

訪れたのは、二子玉川駅から徒歩約3分の場所にある「高級食パン専門店 あずき」。

2018年7月にオープンしたばかりの新しいお店で、街の雰囲気にマッチした洗練された外観が目印です。「玉川髙島屋SC南館」のすぐ裏手に位置しているので、迷わず辿り着くことができますよ♪

同店が掲げるテーマは、ずばり“日本人のための新しい食パン”。そのテーマは、お店の至るところに反映されています。

たとえば、ロゴには “水引(みずひき)”をイメージしたデザインが。水引とは、結婚のご祝儀などに用いられる飾りの帯紐のことで、日本に古くからある文化の一つです。細部にまでこだわりが感じられますね。

店内は、シンプルながら高級感あふれる空間。パンの焼ける、香ばしくて甘~い香りが漂っています。

棚には店内の工房で焼き上げられた出来立ての食パンがずらり!一日に約400本売れるといい、土曜日や日曜日など混雑する日には30分ほど並ぶことも。電話予約も受け付けているので、確実にゲットしたい場合は、あらかじめ予約しておくのがベターですよ♪

こちらの食パンは、日本人の舌に合うように、と試行錯誤を繰り返して生まれた湯種製法で作られています。卵は使わず、手間隙をかけて丁寧に生地を練り上げるのが特徴。完成した食パンは、もっちり、しっとり、味わい深い美味しさに♪

看板商品は2種類の食パン。

店名の由来にもなっている「AZUKI食パン」(1.5斤1,200円)は、小粒で絶妙な甘みの北海道産小豆がたっぷり入った、ほかではあまりお目にかかることのない一品です。

もう一つの、オリジナルブレンドの小麦を使った「SHIRO食パン」(1.5斤850円)は、原料本来のうま味が存分に感じられるスタンダードな一品。隠し味のヨーグルトやマスカルポーネが絶妙なバランスで入っており、毎日食べても飽きることのない美味しさです。

オススメは、この2種類の食パンがセットになった「紅白食パン」(1.5斤2本入り1,900円)。1本ずつ買うよりも150円分お得で、異なる魅力を存分に堪能できるとあり、人気の高い商品です。

そしてもう一つ、同店には「AZUKI食パン」「SHIRO食パン」のほかに、隠れた人気商品があるんです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ