無料の会員登録をすると
お気に入りができます

え?これも?実年齢より老けてみられる「悪習慣」8つ

ライフスタイル

なぜ年齢より老けてみられてしまうのか

「見た目は20代なのに喋ると30代に見られる」「老けて見られるのが嫌でファッションやメイクを頑張っている」という方も多いと思います。

老けて見られたくない、若く見られたいからといって目に見えるファッションやメイクに意識が行きがちですが、決してそれだけが見た目年齢を若くする方法ではありません。

10代や20代の頃に比べ、あらゆる点が老化していることにいち早く気づくことと、それを認めて改善することが若さの秘訣です。ここからは、老けて見られる習慣をご紹介していきます。いつもの習慣によって老けを加速させていませんか?

老けて見られる習慣①:乾燥を放置している

20代30代になると、乾燥や毛穴の開き、シワやたるみ、影っぽさが目立つなど10代の頃とは違う肌の変化や悩みがあらわれてきます。

カサカサで粉が吹いている肌に血色が悪いからといってファンデーションを厚塗りしてごまかしている、髪はパサパサ、カラーリングダメージでうるおいがないのにボリュームでごまかしているなんてことはないでしょうか?

若さを意識したメイクをする前に、まずお肌や髪のコンディションを整えることが大切です。メイクやヘアセットに時間をかけるよりも、スキンケアやヘアケアに注力することの方がずっと効果的です。ヘアの傷みが気になる場合は、サロンケアによってうるおい感を取り戻すのもおすすすめです。

老けて見られる習慣②:完璧なメイク

下地、ファンデーション、お粉・・・と丁寧に重ねて、完璧に作り上げたお肌。目を大きく見せるためのインライン。ぼさぼさ感ゼロの女優のような眉毛。実はこれらが、老けてみられる原因になっていることもあります。

特に、作り込みすぎた肌は見た目年齢をぐっとあげてしまいます。若く見られるためには、メイクにも適度な“隙”をつくることが大事。

しっかりとしたメイクをしなくても済むように、やはり保湿が大事。ケアをして肌トーンが上がると、ファンデーションを厚塗りしなくても良いですし、光に反射した時のツヤっぽさが見た目に差がつき、自然な若々しさが出ますよ。

老けて見られる習慣③:悪い姿勢

姿勢や歩き方は特に日頃のクセがあらわれ、品が出る部分ですね。

想像してみてください、ダラダラと足を引きずるような歩き方やヒールをカツカツ、バタバタした歩き方、座った時に頬杖をついていたり、歩いている時に猫背になってと、なんだかだらしない印象に見えませんか?

グッと腹筋を引き締めて背筋を伸ばしてキレイに歩いている、まっすぐと座っている人の方が印象がアップします。

メイクやファッションが苦手でも、まずは姿勢や歩き方を見直すことで、若々しい印象になれますよ。

老けて見られる習慣④:大げさな身振り手振り

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ