無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鎌倉の大仏ハイキングコースで縁結び、金運、仕事運UP!

旅行・おでかけ

山歩きが楽しいだけでなく、縁結び、金運、仕事運アップなどにご利益があるとされる神社やお寺をお参りしながら、最後には、大仏や長谷観音にも行くことができるという、ご利益たっぷりの鎌倉のハイキングコースを歩きましょう!

執筆者:森川 孝郎

鎌倉五山

風情たっぷりな、浄智寺参道の石段
このお寺の鎌倉石のすり減った石段は、正面に中国式の鐘楼門が見え、風情たっぷり。じつは、この石段は、木村拓哉さん主演の『武士の一分』という映画のロケで使われたこともあります。

浄智寺のご本尊は、それぞれ過去・現在・未来を表す阿弥陀(あみだ)、釈迦(しゃか)、弥勒(みろく)の「三世仏」。お堂の中に三体の仏様がまつられています。

布袋尊に会いに、岩のトンネルを抜けて
ご本尊をお参りした後、建物の裏手にまわり、お庭を歩いた先にある岩肌をくりぬいたトンネルを抜けると、そこには、とてもユニークな表情をした布袋(ほてい)尊がいらっしゃいます。

布袋尊は、七福神の一人で、昔の中国の後梁王朝(907~923年)の時代に実在した禅僧。予知能力にすぐれ、占いが必ず当たったことから、未来仏である弥勒菩薩の化身ともいわれました。

浄智寺の布袋尊を囲んで、筆者とM恵さん
浄智寺の布袋尊は、「鎌倉・江の島七福神めぐり」の布袋尊に指定されているので、とくに正月は、多くの人々がお参りしています。

鎌倉・江の島七福神めぐり

お腹をさするとご利益があるとされ、皆がなでて行くので、お腹のあたりが黒くなってしまっています。でも、決して、腹黒いわけではありませんよ!

<DATA>
■浄智寺
住所:鎌倉市山ノ内1402
アクセス:JR北鎌倉駅下車徒歩8分
地図 → Google マップ

Google マップ

源氏山に向かい、いざハイキングコースへ

浄智寺を出たら、境内の横の道をさらに奥へ向かって歩いて行きます。しばらくすると、階段が現れ、いよいよハイキングコースに入ります。

自然豊かなハイキングコースを歩いて
鎌倉のハイキングコースは、よく整備されているので歩きやすいですが、木の根が張っていたり、落ち葉が堆積していて滑りやすい場所もあるので、スニーカーやトレッキングシューズなどを履くようにしましょう。

山道に入って10分も歩くと、「天柱峰(てんちゅうほう)」という大きな石碑が立っている岩場があります。

この場所は、建武元(1334)年に、浄智寺の住職になった竺仙梵僊(じくせんぼんせん)というお坊さんが、景色を大変好んだという場所。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ